アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

東松島市でボランティア活動に参加して思うこと。

 東松島市に行ってきました。
 水戸まで車で行き、そこからボランティアバスツアーに参加しました。

 宮城や岩手は個人でボランティアにいくには車がないと不便で、バスの出ていた石巻もGWは受け入れ中断ということもあり、バスツアーを選択。

 震災当時の映像をたくさん見ているせいか、1月半たった被災現場はある程度片づいていました。
 水が退いているので、その面でも石巻などよりはましとのことでした。
 がれきはかなり片づけられていました。
 (千葉県旭市よりははるかに範囲は広かったですが・・)

 でも、地面に船が乗り上げられたままになっていたり、ブイがあったり。
 田んぼの中には水がどっぷりでもありました。
 
 今回のボランティアは、10人一組になって個人宅におじゃまし、ご用伺いをするというもの。
 海岸から4㎞くらいの所にあるお宅を回って、お声をおかけします。
 1軒目、2軒目は床下の泥をとってほしいとのリクエスト・・・これは市で対応することになっているのでお断りして(床をはがすこともできないので、このリクエストは断るように言われていました)、3軒目へ。

 そこで頼まれたのは、玄関横のジャリの隙間のどろかき。
 その隙間には3~4センチくらいのどろが。
 どろといっても、海水が混じりとてもにおいますし、粘着力があります。
 こんなどろに触れるのは初めてでした。
 これをはがさないと家はくさいまま。絶対にはがさねばなりません。
 これを10人でやって1時間半・・・・

 その後、同じお宅のお庭のどろかき。
 庭全体がどろに覆われていました。厚さ5センチはあります。

 海岸から4㎞も離れているのに、床上浸水1.2メートル。
 家の中も泥だらけだったそうです。
 おうちの奥さんがおっしゃるに、津波の巻き込みがちょうどここで行われたから被害がすごかったみたい、とのこと。
 この奥さんは石巻に働きにいっていて石巻で被災したそう。
 当然石巻で車もなくなった・・・命があるだけまだよかったと言っておられました。
 こっちの車もなくなり、1階にあったものは全部流されて何もなくなった、でも保険は半壊しかでないし・・・と嘆いておられました。
 今も避難所暮らしで、朝ご飯・・・おむすびかパン、をもらい、家に戻り掃除をして、昼は自分でなんとかして、夜は避難所に戻りお弁当(毎日中身はほとんどいっしょだとか)を食べるそうです。
 お風呂も数日に1回連れて行ってもらえるそうですが、毎日どろかきをしてすぐ身体がくさくなるだろうに・・・
 
 そうして庭掃除はじめて2時間。ようやく半分どろがとれたところで時間が来ました。
 土嚢袋にどれくらいだろう・・60~70くらい?
 どんなにがんばっても、これくらいが限度です。
 参加する誰もが笑顔で、大きな声で挨拶し、みんなで協力しあって作業。本当にさわやか。
 休むことなく、作業は続けられました。

 私・・恥ずかしながら虫は大の苦手。
 でも、ここではそんなこといってられない状況で、あたりまえのように逃げずに作業しました。
 (普段じゃあり得ない・・)

 学んだこと。
 
 被災地は確実に片づけられています。
 見た目だけで行けば、更地になり、家も掃除され、不要なものは捨てられて。
 でも、庭掃除・・・私たち10人が3時間半超かけて半分しかできないものを中年以上の夫婦2人で掃除をしたらどれだけかかるのでしょうか?
 その間にまた雨が降ったり乾燥したり・・・どんどんくさく、状況は悪化していく。
 片づけられていく一方で、個人でやらなくてはならなことは、実はおもったほど進んでいないのです。
 
 それを解決するのは、やっぱり人です。
 インターネットが進んでも、機械でいろいろなことができるようになっても、人でしか解決できないことがある。

 公的機関でも民間機関でも埋められない何かがある。 
 今回の場合は、それをボランティアやNPOの活動が埋めている。
 たくさんのボランティア希望者がいても、それでも受け入れ側の事情もあり思うように進まない現状もあるけど。
 でも、忘れちゃいけない。人でしか解決できないことがあることを。

 正直に言います。
 私はボランティアをしようと思って東松島に行ったのではありません。
 現場に行かなければ自分が何をしたいのか、何ができるのかわからないと思ったから。
 現地を感じようと思ったからです。

 でも。
 実際に行って一番感じたことは、人がいるからこそできることがあるということ。
 自分がしたいことは、人がいるからこそできることに繋がっていることが大切なんだということ。
 
 行政でも民間でもできない隙間。
 これはまさにボランティアやNPOなどが間違いなく担っている。
 このボランティア、細々でもたまにでも続けようと思った。
 
 そして、行政でも民間でもできない隙間・・・ボランティア以外のものもあるのか、自分でも動いてみようと思った。
 
 東松島のみなさん、一緒に活動してくれた仲間達、ありがとうございました。
スポンサーサイト

別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? | 東北に行く理由。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。