アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ワタミ感謝祭に行く。

 ワタミの株主総会と感謝祭というものに行ってきました。
 
 といっても、私は株主ではありません。
 尊敬する(というより、マインドが通じる人生の先輩という感じでしょうか)方Kさんが、今ワタミで環境関連の仕事をされているので、招待券をいただいたのです。

 この感謝祭、なかなかおもしろいです。
 もともとは株主への感謝祭、なのだと思います。・・・株主総会の午後にあるので、株主総会にたくさんの方にきていただくとともに、様々な取り組みを知っていただく場をつくるということなのでしょう。

 でも、株主だけではありません。
 株主の同伴者や、従業員のご家族、私のような招待者、HPで参加者募集までやってます。
 ワタミの利用者、さらにはワタミを知っているみんなに門戸は開かれているのです。
 株主総会まで傍聴(意見はいえませんが、さすがに)できるのです。
 将来の株主囲い込み?の側面もあるのかな。

 場所は、両国国技館。
 相撲以外で来るのははじめて(←かつて相撲の大ファン)。

 まずは株主総会。
 サポートさせていただいていた中小企業の株主総会のオブザーバー参加くらいしか出たことなかったので、厳かな雰囲気にびっくり。
 倒産した大企業の債権者集会みたいな感じなのですね・・(仕事柄出たことがある)

     IMG_0348_convert_20100620215833.jpg

 ワタミのCEOの渡邉会長は、テレビで見るのと同様、とても切れ味鋭くわかりやすい、無駄のない語り口でした。
 さすがです。
 現在は、トップダウン体制から集団経営体制への移行を図っていますが、でもやっぱりあのカリスマはすごいですね。状況が悪い事業(子会社)があれば、自分がすぐに社長に戻ったりするわけで、そう考えても、自他共に認める圧倒的NO.1なんでしょうね。

 質疑は、これまでは夕方までずっと受け付けていたそうなのですが、今回はワタミ感謝祭があるので1時間弱の質疑時間でした。
 質疑、想像とちがいました・・・
 ヤジとかはないのですね・・・
 まじめな質問から、自分の昔話をする方、渡邉会長の体調を気遣う方などなど・・・
 講演会の質疑とちょっと近い感じでした。
 あと、質問される方は割とご年配の方が多かったような気がします。
 土曜日だから若い株主の方も来やすいと思うのですが。 

 新たな素人疑問。
 株主って、もちろんITベンチャーと大手商社とでは株主構成は違うだろうけど、全体的に個人株主って年齢が割と高めなのかしら・・・お金にゆとりがありますからね、今の上の方々は。
 今回の質疑の中でも70以上の?をんもっていると発言していた方も自分で「年寄りだから株を70ほど持っている」といっていました。

 12時ちょっと前に、株主総会は終了。ランチタイムです。
 今日のランチはワタミの高齢者宅配のお弁当(多分)。500円です。
  
      IMG_0352_convert_20100620215953.jpg

 値段してはなかなかバランスよくおいしいです。
 が、このお弁当をゲットするまで20分以上並びました・・・チケットを先にかっておいたのに、ですよ。
 3?4000人の方が来ているのに、お弁当を配布する場所は1カ所しかないのであたりまえですが。
 この点は、来年以降何とかしてほしいです。

 さ、このあとはワタミ感謝祭。
 なんと、野村克也楽天名誉監督が登場!体調よくなられたようです?
 そのほか、徳光さんも登場。
 もちろん、渡邉会長の講演会もあり。
 本当にゴージャスなんです。

 その他にも、お子さん向けのサービスとして、似顔絵を描くコーナー(1000円ですが売上は全額寄付)、キッズコーナーを作ってお絵かきや積み木などをできる場所があります。
 お子さん達、喜んでましたよ!

      IMG_0350_convert_20100620215924.jpg

 また、有機野菜を1つ50円で販売するワタミマルシェ、デザートの試食販売コーナーなど本当にもりだくさんでした。

 今回招待券を下さったKさんがコーディネートされた「社会貢献活動紹介」にもいってきました。

      IMG_0354_convert_20100620220026.jpg

 環境・森林、途上国支援・教育、食・農業、医療・福祉のテーマについて、団体紹介やディスカッションなどをする場です。
 キーワードは、「持続可能な・・・」。
 まさに、私のテーマそのものでもあります。

 途上国支援のところをちょっとのぞかせて頂きましたが、やはり活動されている方々は情熱とパワーと気迫が違います。パワーをいただきました!
 このディスカッションの場で再確認したのが、「現地体験」の重要性です。
 みなさん、考えられないほどすごい活動をカンボジアやネパール、バングラディッシュなどでされているのですが、そういうことをやるきっかけは、みんな現地に行ったときに何か感じたということにあります。
 自分がなにかやりたい何かしたいと思っていても、現場を知らなければ何が必要とされているのか、何をしたいと思うのか、身体でも頭でもわからないのですね。
 偶然でも能動でも、現地に入らないと何も変わらない、そう強く感じました。
 すごくおおきな、再確認・学びでした。
 
 あと、渡邉会長の言葉で気にいった言葉を。
 「どこまでいっても、1対1の戦い」。
 700店あるから、1店くらいいいや、は絶対ありえない。
 当たり前といえば当たり前だけど、強い言葉だなと思いました。

 それと、すごいな?と思ったことに、今年環境庁の「エコファースト」に認定されたそうですが、その中でのエコに関する約束として、CO2を2008年度比45%削減!!、リサイクル率向上、さらには全従業員(パート、アルバイトまで含めて)の生活におけるCO2を30%削減!!!
 すごすぎませんか?
 なんでも、シャワーを1分間続けて流さない、とかいっているそうです。
 ここまでする必要が本当にあるかは別としても、21世紀の子供達に対して残そうということを、従業員全員で意識を持つためにやっていると話しておられました。
 感動、です。

 こういうことをしながら、増収増益を続け、きちんとビジネスが成り立っているんですからね・・・ 
 外食の次の柱として介護も軌道になっていますし・・・理想的なビジネスの形だと思います。 

 最後に・・・
 私は、ワタミはもっとも関心のある企業の1つです。
 それは、ワタミはもうけるということを徹底しつつ、理念である「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになりたい。」を実際にいろいろなかたちで実践していると感じるからです。
 本気だな、と思う。
 また、ビジネスモデルも、まさに今ブームになりつつある「六次化」モデルをいち早く実践しているし、循環型モデルもしっかり構築している。

 株主ではないですが、これからもしっかり見ていきたいと思います! 
 
スポンサーサイト

別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ブログの「拍手」コメントに気づく。 | アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? | 内田ゼミ女子会?総勢7人!?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。