アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

浜松での1日。

 今日は休暇を取る。
 朝一番の新幹線で浜松へ。
 8時33分着。

 駅前・・・前住んでいた家の向かいにあるトヨタレンタリースで「Passo」を借りる。
 そして、企業訪問へ。あえて初めて選んだ企業さんへ話を伺うのが目的。
 隣には、私の浜松の後任Mさん。せっかくの機会なのでお誘いする。

 車の運転はかなり苦手。
 完全なペーパーだった浜松赴任時、さすがに浜松では生きていけないので初心者講習を58000円はたき受講。
 とりあえずまっすぐはしれるようにはなりました。
 車庫入れは浜松にある巨大スーパーで深夜練習したけどまったく上達せず今です。

 今日も1社目の企業さんの車庫入れはMさんに(笑)
 企業インタビューの話はまた別の日に書くとして、午前一杯インタビューをさせていただき、そのごMさんとランチ。
 場所はもちろん、「さわやか」のげんこつハンバーグ!!
 食べた?おいしかった?なつかしい?

 それから一人で湖西市へ。高速に乗れば30分弱ですが、とてもひとりで東名高速には乗れないので下道で。(だって車線変更が・・)
 バイパスに一人で乗り、それでも怖かった・・・
 さらに迷ってしまい、山道みたいなところに入り込み、上手にすれ違えずずっと止まってしまうような有様。・・・結果、2社目は1時間近く遅刻・・・
 一応、運転が不慣れなので遅れる可能性が高いとはいっていたものの、先方はびっくり。
 しかも、私のカジュアルな格好にもびっくりされて・・・
 一応ジャケットは着ていましたが、ぺたんこ靴にジャンスカだったから・・・

 このカジュアルさには実は理由があって。
 浜松に着た頃、いつもスーツを着ていたら、よそ者っぽい、偉そうだ・・・と相当数の方にいわれたのでそれからひたすらカジュアルな格好で通していました。
 そんなこともあり、カジュアルでいきましたが・・・今となっては、企業さんからはよそものなので、ちゃんとしていないといけなかったようです。反省。

 1時間近く遅れ、車庫入れもあわてて前につっこんだので、帰りは大変でした・・・駐車場から車を出せない。
 セルフのガソリンは上手に入れられないので、必死にフルサービススタンドを探さないといけなかったし。
 まあ、でも、なんとか、戻ってjきました。
 こんなに一人で運転したのははじめてかも??
 それに、運転は疲れるけどたのしい。

 レンタカーを返却後、タクシーでHI?Cubeへ。
 運転がのろいので予定時刻よりおそくなったからタクシーになってしまいました。
 タクシーの運転手さんがおもしろいことをいっていました。
 すごく不景気で、売上が上がらなくて困るけど、特に法人タクシーチケットが出ない。1/3くらいになっているそうです。
 さらに、法人タクシーチケットは距離が長いのでいいのだが、そうじゃないタクシーは距離が短いのでさらに売上が上がらずきついとのこと。
一方で、運転手希望が多く仮採用すると、雇って2種免許とらせてある期間が固定給tなるそうです。で、それが終わると歩合になり、固定給の額よりはるかに安くしか稼げないそうです。その結果、2/3以上は給与体系が変わるとやめるそうです。
 
 HI?Cubeでは交流会が開催されていました。
 懐かしい企業さん1/3、顔見知りの方1/3、初めての方1/3くらいでしょうか。
 あんまり目立たないようにひっそり座っていました。なんだろう・・・自分は過去の人、顧問みたいな感じですからね。
 今HI?CubeにいるIMのみなさまがいるから、過去の人になるのはあたりまえなのですが、でも、だんだん空気が変わっていくのはほんの少し寂しくもある、かな。
 この寂しさが卒業なのかもしれません。
 ・・・でも一方で、企業さんからたくさんのパワーをいただきました。
 たくさんの笑顔も。。。。だから、明日もがんばれるよね。

 その後は、さらに浜松の兄貴と食事に行く。
 今日は、運転やら交流会やら、企業インタビューも実はあまりうまくいかずうだうだしていたのと、久々の再会なので若干お酒も飲む・・・そう、私、本来お酒大好きなのに、あんまり飲んでないなあ・・・
 いろんな話をしました・・・昔話から、近況の話から、老後以降の話から・・・・
 でも、いたってまじめな話ばかりでした・・・まじめな話ができることはすごくすてきなことだけど、こういうときに、もっと相手が明日からがんばるぞとおもってくれるような言葉を言えない自分が、なんだかすごくもどかしかったりしました。
 年下なりのリーダーシップ、発揮できてないなあ・・・MBAが生きてない・・・
 もっとも、仕事とは何ら関係ないから、むしろもっと自然体でいいんですけど(笑)

 でも、後半で、帰り際歩きながら話してくれた「仕事に対する向き合い方の変化」に関する言葉。
 そういう向き合い方を素直に言う兄貴はすごくきらきらしていました。
 そういう言葉を素直に語る兄貴を私は初めて見ました。
 いつも、どこかつっぱっているところあったような気がするから。
 ・・・年月って、人を成長させるんですね。
 なんだか、とってもうれしかった。
 きっときっと、いや絶対、その向き合い方で想いはかなうと思う。

 再会の握手は、やっぱり懐かしくてうれしかった。
 いつか、今日という日に言っていたことが叶ったよと報告しながらまた握手できる日がくるといいなって思います。
スポンサーサイト

別窓 | 浜松 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「企業評価論」終了。 | アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? | 会食での学び(MBAの効用)。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。