アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

会食での学び(MBAの効用)。

 今日は会食。
 数ヶ月ぶりにお誘いをうけたYさんとです。
 おそれおおいのですが、お声をかけていただきありがたくもあります。
 これこそ、MBA、いや、内田先生とのご縁から発展しているんですよね。

 お誘いをうけたのには理由があったのですがそれはともかくとして。

 神様を信じるか、ということが話題になりました。
 私は神様は学校柄(ずっとカソリック)神様の存在は信じているのですが、とはいえいつも聖書をよむとか毎週教会に行っているわけではないです。
 ただ、感謝する、謝る、許す、ということの大切さを神様から学んできました。
 こういう価値観は小中高時代に学んだものです。
 その後、大学や社会人生活で、自分と価値が違う人でも受け入れ、その上で前向きにできることは何か・・・ということを考え行動していくことを学ぶわけですが、その基盤にもなっているような気がします・・・・なんて話をしていたのです。 
 
 私の性格・・・結構悩み症だけど最後は受け入れてやたらとポジティブ(いや力技?)というのは、実はこういう背景があってこそだとおもいます。

 その話をきいたYさんに、「そういう考え方は新渡戸稲造にそっくりだね」といわれました。
 新渡戸稲造・・5000円札の方。「武士道」の方。
 それくらいの知識しかないけど・・・
 今度読んでみよう、武士道。

 そういう受け入れることの大切さ、これから生きていく上で大事だね、といわれつつ、一方で、外資系には向かないね?と一言。
 外資系のトップのお方からの言葉・・・リアリティあるなあ。
 それに、内田ゼミのSさん(外資系管理職)の会社の話を聞いていると、たしかに私のような人はつぶれてしまいそうなすさまじさがあるね・・・ 
 
 帰り際、Yさんは笑いながら、「外資系には向かないけど、あなたは「sincere」だから教職とかむいているかもね」といわれました。
 ・・・教職には向いてないようなきがしますが、いい言葉です、「sincere」。
 この言葉に恥じないように日々がんばろうと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<浜松での1日。 | アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? | 「カテキョ」との再会。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。