アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

若者の車離れって??

 早稲田MBAでの師匠である内田先生がときどきおっしゃるセリフに、「今の大学生は車でデートしないんだよなあ」という言葉があります。
 先生が学部生に聞くと、ふつうに電車でデートするという答えが返ってくるそうです。

 内田先生はとても車好きですし、かつ内田先生の世代は、車を買い走らせ、デートの時も車がある方がもてる・・・という感じだったのでしょう。
 たしかに、私の時代でも、やっぱり大学時代車でデートの時はうれしかったですし、いい車を持っている人はポイント高かったような・・・

 昔は車って、輸送手段という機能以外のファクターが大きかった気がします。
 あこがれ、とか、楽しみ、とか。がんばった証とか、もてたい、とか・・・
 今は、こういうものを表現するものは他にもあるし、嗜好も多様化して・・・多くの若者にとっては、輸送手段という機能が大きくなっているような気がします。
 そうすると、買うか買わないかは、必然と合理的判断になってしまうのかな。
 早稲田は東京にあるから、必然は下がりますよね・・・

 あと、もう一つ思うのがコミュニケーション形態の変化。
 昔って、それこそ謝りたいとき、彼氏彼女に会いに深夜に車を飛ばして話をしにいく・・・という話はよくありましたが、今は携帯もメールもあって、すぐに連絡をとれるようになりました。
 デートで二人っきりになりたいから車でデートっていうのもあったような気がするけど、今はきっとそうでもなくなっているんでしょうね・・・
 直接あわなくても大丈夫なツールがふえたって意外と大きい気がします。
 「直接じゃない」選択肢ができ、これまで直接やっていたことの多くが「直接じゃなくてすませられる」ようになったということってけっこう多いのでは・・・
 
 若者が車を買わなくなった理由は、他にもすごくたくさんあると思います。
 現に議論してみたらいろいろでてきておもしろかったです!
 国内で車が売れなくなった理由、に広げたらもっと違うところがメインになったりするんでしょうね。買わなくなったのではなく、買えないんだ、とかっていう意見もあるかもしれないし。
 
 かくいう私も、若者ではないですが、車をもっていません(笑)
 でも、やっぱり車に乗ると・・・いや、のせてもらうととてもうれしいです。
 浜松の時、プライベートで車がなかったので、よくのせてもらっていてうれしかったんですよね?
 これは、「機能」(行けないところにいけたし、運べない荷物も運んでもらいました)もあったけど、それ以外のものの方がずっと大きかった気がします。
 そこで聞く音楽や、おしゃべりや、景色や風・・・こういうのを一緒に感じられるのって、すごく特別なことだなって思うのです・・・
   
 なんで今日はこんなことをブログに書いているのかというと、ちょうどレンタカー借りて乗っていて、ふと内田先生の言葉を思い出しただけです(笑)
 
スポンサーサイト

別窓 | お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<善光寺御開帳へ・・・ | アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? | ミニ負傷。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。