アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

仕事で「大変」の意味。

 友達から、「本格的冬眠に入ったらアグレッシブじゃないよ」と言われることしばしば。
 ブログの更新を怠っていましたので・・・
 ツイッターやFacebookではつぶやいていたよ・・・と言いたいところですが、こっちも若干頻度が減っていて、後輩から「だえみさんつぶやかないけどだいじょうぶですか?」と遠くサウジアラビアからメールをいただくような状況で。
 
 ごめんなさい。
 大丈夫です。

 2月から3月後半近くまでは殺人的に忙しかったのです。
 海外調査PJの準備をしたり、自分が主催する会議の準備だったり、その他諸々。
 3年前にこの部署に来たときは、一番の下っ端で(うちの部署は企画系なので当時は上の人が多い部署でした)、副部長に先輩に自分の3人で業務をしていたのに、いつの間にか真ん中(副部長ー自分ー主任)になり、その次には諸事情により2人体制(私ー主任)になり、今は実質1人に。
 諸事情の連続で、誰のせいでもないぞ・・・なのでいやとかそういうのはないですが、大変ではありました。
 
 大変、の意味ですが、1つはやることが多いと言うこと。
 会議室の物理的準備や配布物の準備、司会、メモ取り、議事録作成まですべて自分がやる・・・上の人との会議をこんな銚子でやっていたので、時間はかかるし、どうしても内容も粗くなる。自分の考えを他の人と議論して磨くシーンもどうしても減ってしまい、本当に薄氷を踏むような思いでなんとかクリアしてきました。
 ま、でもこれは皆さんもっと大変な状況を経験し乗り越えてこられているのでしょうから、これはたいしたことがないと思います。

 判断や責任はぐっと増えましたし、自分の判断が現場事務所(のトップ)の評価や動きに直結するのでいろいろな配慮と決断、調整などを磨くいい機会にもなっているので、上がいないのは大変だけどありがたいという方が強いかもしれません。

 一番大変なのは、ひとり、なこと。
 仕事が殺人的につらいときも、ひとり。
 仕事が平時の時も、平時なのは、ひとり。

 同じフロアで見えるところに40人位の人がいて、おおげさでなく自分1人が毛色の違う仕事をしているというのは、仕事柄仕方ないとはいえ、今組織で何が起こっているか、どういうアクションをとっていくのかわかっている立場にいるものとしては、ちょっときつい。

 浜松時代、行ったときに知り合いがいない、同じ職場の人がいない、同じ仕事をする人がいない、全てひとりできめて行動するというミッションだったときもきつかったけど、同じひとりといっても、今のひとり、は全然違う。
 
 まだまだ弱いんだなあ・・・ 
 自分の弱さを反省しつつ、今後のアクションに向けてがんばります~

 ※次の行動に向けて動くためにも、だめな期間のことを備忘録として記載しました。失礼しました。

スポンサーサイト
別窓 | お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。