アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

仕事で痛みを感じるとき。

 仕事でベストな選択を選べなかったと反省することはよくあること。
 毎日といってもいい位・・・(なさけない)
 でも、走りながら考えて対応していることも多いので、どこかで自分のなかでココまでは大丈夫という線を引いて対応している。

 悔しいこともある。
 自分の中で譲れないと思ってあげたことは、相手に伝わらなかったとき。
 そういうときは悲しいと感じることもあるなあ。
 自分が目指していたものまでたどり着けなかったときも、やっぱり悔しい。

 もちろん怒られることもたくさんある。
 怒られたときは情けなく、悔しくなる。

 反省、情けない、悔しい、悲しい・・・こういう前向きじゃない感情(もちろん、おきあがりこぼしの私は、すぐに立ち直ってしまうんだけど)は、日々の中でまあまあある。

 でも、「痛い」っていう感覚。
 仕事の場では、仕事の人との間では実はめったにない。

 自分でも王道じゃない、一般的なビジネスルールではないと知りつつも許される行動の線引き。
 その許されると思う理由は、相手のキャパへの期待であり、自分のキャラでもあり。
 一言で言えば、過度なほど性善説の私は、きちんと伝えれば大概のことは許される・受け入れてもらえると思いこんでいる。
 そして、誤解をおそれずにいえば、許されてほしいと思うし、その方が仕事も人間関係もうまくいくとおもっている。 
 これは自分が人と接するとき、仕事をする際においても、自分のスタイルとして明確にもっているもの。

 これは裏を返すと、礼儀とか配慮とかそういう点からいうとあきらかに足りないだろうし、失礼だと思う人がたくさんいると思う。
 失礼かも知れないけど、きちんと伝えれば思いが共有できれば許されることってあるんじゃないかと私は勝手に思いこんでいる、信じている。
 ・・・結果を残して、メンバーが笑顔でよりいられるのなら、迷惑をかけない範囲での礼儀の欠如は、仁義をきればいい、私はそう思って社会人生活を送ってきた。

 この考え方、これまで2回ほど上司から厳しく指摘されたことがある。
 その時、やっぱり痛い、と思った。
 悔しいとか反省とか、悲しい、とは違う。
 痛い、としか言えない感覚。
 ・・・痛いと感じ、謙虚さを増やして、でも自分の感覚は捨てられなかった。
 そして、そのスタイルが認められたのか、あきらめられたのか、近年はまったく指摘されなくなっていた。

 数日前、指摘してくれた人は上司ではなく、仕事で最近接点のある先輩。
 仕事はとてもできるし、バランス感がよく、みんなから頼られています。そして、一番はやっぱりとことん性善説なとこがいいなーって思っていた。
 その先輩に、痛いことをいわれた。
 かなりストレートに。

 私のことをよくご存じなかたは、私が一投目は打たれ弱いのを知っていると思いますが・・
 あまりの不意打ちストレートにやられたわけで。
 正しい、正しい・・・・でも許されないことなのだろうか?頭でいろいろ考えてしまってその晩はよく眠れず。
 ずーっとこの痛みと向き合っていました。

 それで。
 まずは先輩に感謝。
 やっぱりもう一度謙虚さと配慮を考え、行動に反映する。
 その上で、自分のスタイルを信じる。

 だらだら?とブログに書いて、結論はたいしたことないのですが、「痛い」という滅多にない不思議な感覚をわすれないようにすべく書きました。
 
 そしてもう一つ、忘れないようとりあえず髪を切ってみた。
 気づく人はそんなにいないかもしれないけど、自分的には10年ぶり位の長さ。
 
 ここから、また自分のスタイルを作っていこう。

 
 
  
スポンサーサイト
別窓 | お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。