アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

足首のその後のその後。

 退院後最初の外来は、タクシーで7時10分に病院に着く。
 おかげで9時55分には診療をしてもらえました!!(十分遅い?)

 診察の結果は・・・
  「経過がいいので松葉杖はもういらないね。今からサポーターで歩いてください」
  「足首、動かし方が足りないよ。もっと動かして」
  「グリッ」

 痛い・・・
 松葉杖がとれるのはうれしいのですが、まったく足をつけていなかった足でいきなり歩けといわれても。
 そのうえ、「グリッ」です(涙)
 びっこひいて歩いたら注意されました(汗)
 「がしがし歩け」「リハビリしなさい」だって・・・

 そんなわけで、病院をでてからは電車と徒歩で通勤など移動開始です。
 歩けることのすばらしさに感動!

 一方で、足をつけていることで痛みは倍増。
 毎日痛みと闘う日々をおくっています。
 ちっとも慣れない、ちっとも痛みがひかないぞ。

 仕事から帰る12時頃には足の腫れと痛みは最高潮、最寄り駅で休憩してから家に向かって歩く。
 歩く時間も普段の倍以上かかる。
 しかも、毎晩帰って横になってそのままダウン、がつづく。
 よほど疲れるらしい。
 休みの日も食べている時以外はひたすら横になっています(あ、先生に怒られる!)。

 それにしても、なんでこんなに食欲があるのか不思議・・・
 一日6食位たべているなあ。
 痛みがあるとパワーを使うからおなかがすくのかなあ。

 なんとかはやく回復して、目指せチャリ&ゴルフ!!

スポンサーサイト
別窓 | 体調がらみ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

早稲田MBA生活を伝えること(本など・・・)での小さな貢献?

 MBAを卒業した人の最大の貢献は、もちろんビジネスマンとして成功すること・・・でしょう。
 
 そう簡単にこの貢献はできないです・・・といいたいところですが。 
 我が内田ゼミ、同期はすごく活躍しています!
 改めて、すばらしい&すごいメンバーに囲まれています。

 自分は残念ながらまだまだなので、本来の貢献はできないのですが、少しだけできたかな?と思うことを。
 
 先日の早稲田MBA入学説明会で、私の話した内容に感銘をうけ、その思いを熱いメールにのせてくれたKさん。
 ツイッターで内田先生にメッセージを送る人たちの中に、ゼミ生・OBの個別相談への感謝を書いてくれている人たちがいること。
 ・・・自分が想いをのせたことが、だれかに伝わる、だれかが感じる・・・なんて幸せなことなんだろう。

 それと、MBA生活の体験記を少し書かせていただきました。
 「修了生が本音で語る国内MBAスクール白書」という本です。

 50267980.jpg
 https://shop2.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17262&item=978-4-502-67980-3

 いろいろな国内MBAを卒業した人が体験記を書いています。
 早稲田夜間だと、根来ゼミ出身のSさんと私。
 他にも昼間・夜間の有名なMBAはたいがい出ています。
 入学前に通っていた予備校の主であるIさんからの依頼を受けて書きました。

 他の方と比べると単なる苦労体験記になっています(汗)が、
 とはいえ、けっこう苦労して書いた20数ページですので、内田ゼミで学んだ先生との関係、ゼミ仲間達との結束など、知識だけでない多くのことを学べる場だったことはわかってもらえるのかな、と思います。
 (先生のご了解をいただき、内田ゼミの入学説明会資料の一部も使っています)
 
 これを読んで、ひとりでも多くの方に早稲田MBA、あるいは内田ゼミに関心をもってもらえたらなあと思います!!
 
 仕事での貢献・・・仕事でも変化はあるのですが、なかなか言葉にしにくい仕事をしているので・・・(笑)
 このへんは、また今度。
 
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

足首のその後。

 退院翌日は、一応まだ入院しているはずの日なので休もうと思っていましたが。
 ちょっとお試し出勤してみよう・・・と思い、10時にオフィスへ。
 もちろん、タクシーを迎車して、ですが(笑)

 お試し出勤したつもりが、もうフル稼働・・・
 その翌日以降、通常通り9時出勤となり、仕事は連日深夜まで・・・
 よりによって、なのですが、そんなものですよねえ。
 
 通勤については・・・
 自宅から駅までは徒歩8分なのですが、アップダウンが激しく・・・
 また、オフィスの駅からオフィスまでも階段が多くエレベーターがなかったりするので、結構大変。
 というわけで、手術から1週間たっていない今週は、タクシーで出勤退勤です。
 お財布には痛いですが・・・・(汗)

 でも、タクシーだからって安心できないのです。
 大雨の日。
 タクシーが混むだろうと、通常より20分早く迎車のためタクシー会社に電話。
 でもつながらない!!
 複数の電話を使いかけまくるも、通じないか、通じても「近辺にタクシーはありません」という冷たい返事。
 とはいえ、松葉杖では傘はさせないし、レインコートを着ても足はまだ一切ぬらせない状態なので、カバーしたとしても大丈夫とはいいきれません。
 それに、そもそも松葉杖での雨道はとてもすべります。
 ・・・結局つかまったのは、1時間20分後。
 まるで、ミュージシャンのコンサート予約をしているような感じでした(笑)
 そして、当然?ちょっと遅刻です。もうまいった?というかんじでした。

 こんな感じで日々を送っているので、足は毎日腫れてしまいます。
 これは退院した日の足。指の下のあたりがすごく腫れています。
 (傷口周辺はあけていないので不明です)
 
   IMG_0760_convert_20100914221749.jpg

 オフィスに復帰して夜までフル稼働するとこんな感じ。

   IMG_0764_convert_20100914221922.jpg

 あきらかにさらに右足腫れてしまった・・・

 なんとか早く治そうと、仕事中でもパソコンうちながら、家でも寝ころびながら足首を動かすリハビリを一生懸命やって、少しずつ可動域をあげていってます。
 連休も、元気なときなら動き回っている(内田ゼミがいま行っている台湾合宿にいっていたでしょう・・)と思いますが、今回は最低限の予定だけにして、おとなしくしています。
 ※痛みと疲れとでやはり全身はしんどいようで、ずっと眠っている感じです・・・

 傷口をタオルやゴミ袋、ガムテープで覆って入るシャワーや、松葉杖付きながらのお手洗い、足を上げながらの化粧など日々の生活活動も大分慣れてきました。・・・普段より時間はかかりますが(笑)
 不便を実際に経験することで、普段の五体満足に感謝できるのかな、と思う。

 このような生活の結果、どうなるのか・・・
 退院後初の外来診察は目の前、いい話がきけますように!
 
別窓 | 体調がらみ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

1年ぶりに早稲田MBAの入試説明会に参加。

 早稲田MBA(夜間)&MOTの入試説明会があり、モジュール別説明会のところで内田ゼミの紹介を少し話してきました。
 もちろん、松葉杖で(笑)(参加されたみなさま、見苦しい姿で大変失礼いたしました)

 入試説明会は、WBSフェアを含めると年に2回位あります。
 私が内田ゼミに入ろうと決めたのは、まさにこの入試説明会だったので、この会の思い入れはそれなりにあり。
 そのせいもあってか、1年生の時も2年生の時も、内田ゼミの紹介をさせてもらいました。
 自分の話をきいて、内田ゼミに決めたという風に願書に書いてくださった方もいたそうで・・・気持ちが伝わったような気がしてすごくうれしかったこともありました。

 内田ゼミは最近毎年学生を募集していて、しかも大人気のゼミなのでゼミ員も多いので、今年はさすがに現役生がゼミの紹介をするはずなどないのですが・・・
 今年の内田ゼミのゼミ合宿=台湾視察旅行が、よりによってこの説明会の日と重なってしまったのです。
 その結果、内田先生の別荘に遊びに行った際に声をかけられた次第です。
 まさに、ピンチヒッターです(笑)

 毎年紹介させていただいているので、年々の参加者の変化を感じます。
 そして、自分自身が内田ゼミで経験する部分が増えていっている、学生生活を一通り経験していることもあり、卒業生だからこそ話せることもあるのかな、と感じました。

 まず、この説明会に来られている方ですが・・・年々、人数が増えています。
 そして、質問がどんどん直接的、具体的になっている気がします。
 自分のときなんかは、漠然とした質問や、○○のような研究でも対象になりますか?といった初心者的な質問が多かったのですが。
 今日いらした方達は、具体的な競争戦略についての質問だったり、私たちに対しどうしてこのゼミなのか、個々で学んだことを仕事にどう活かしているのか・・・といった質問がたくさん出ました。
 説明会が終わってから考えると、もう入試を受けることは決めていて、願書を提出するときにつける研究計画書などを書くための参考として質問されていたんだな・・・と思いました。
 それだけ、皆さんが真剣に、具体的に考えているんだ・・・ってことですね。

 内田先生は、ゼミ合宿に合流するために終了時刻の4時で移動されましたが、内田ゼミ1年生のKさんと私は、その後1時間ほど個別質問にもお答えしました。
 皆さんの、熱い思いがまぶしくて、なんだか逆にパワーを頂いた感じです。
 できる範囲で一生懸命答えました・・・少しでも役に立つといいのですが。

 短い時間ではありましたが、早稲田MBA、さらには内田ゼミの魅力を感じてもらって、内田ゼミに入りたい!と思う人が1人でも増えてくれたらうれしいな・・・

 受験するみなさん、がんばってください!!

余談:帰りがけ、根来ゼミの会場に行くと、M2のTさんやKさん、M1のSさんなど懐かしい顔が・・・
   この再会もすごくうれしかったです。
   笑顔がいっぱい!!
   利害のない、心から信頼できる仲間がたくさん得られるのもMBA進学の魅力です。

別窓 | 早稲田MBA | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

退院までの道のり。

 手術後2日目以降は・・・。
 相変わらずの1日2回の点滴。
 車椅子だけでなく松葉杖で歩けるよう練習。
 それ以外はフリーです。

 足の調子としては、当然腫れていて、足をベッドにおいている状態で未だ痛みもありますが、これまでよりは格段にいい感じです。
 ただ、松葉杖や車椅子でも右足を下にしていると、傷口周辺がずきずき・・・
 
 お見舞いに友達が何人も来てくれ、家族なんかも顔をだしてくれたりして、人の存在の有り難さを実感。
 いつも何気なく付き合っている友が、病院という空間にわざわざ顔を出してくれる。
 たいしたことのない入院なのですが、でも、正直手術後の痛みは想像以上でちょっと弱気?になっていたので、ほとんど入院先を明かしていないにもかかわらず、聞き出して来てくれた気持ちに本当に感謝です。
 ありがとう。

 そして・・・
 予定?目標?より1日早く退院をすることにしました。
 点滴が終わるその日に退院。
 ちょっと無理矢理っぽかったですが。
 仕事を前面に押し出して、いつでれるのですか攻撃でうまく許可が出ました?

 早く退院しようと決めたのはいくつか理由があるのですが、一番大きいのは、やはり仕事。
 メールはチェックしていたものの、入院日に大きな動きがあって、自分が対応すべきものを他の方がフォローしてはくれたのですが、対処、というレベルで。
 今後の展開を考えると、対処ではなく、いくつかのポイントを押さえて対応方針が見えるように整理する必要がありました。
 デッドラインを考えると、一刻も早く仕事をする必要があったのです。
 他にも、こんな時に限って仕事はあとからあとから・・・
 病院での処置がないなら、おとなしくしていればいっしょだし、病院で仕事といっても限界があるし。
 
 ・・・と思ってしまったのです。
 
 病室は、基本的にとても明るかったです!
 4人部屋で、みなさん私よりかなり年上の方だったのですが、いろいろな話が聞けました。
 旦那様の話、お子さんの話、料理の話、趣味の話・・・・
 世間話の域を超えて、なんだろう・・・これまでの「生き様」をうかがえました。
 その「生き様」・・・本当にいろいろなことがあったんだな、と思わずにいられない内容なのに、それを笑顔で語ってくれるのです。
 その笑顔をみて、笑顔というものが人にどれだけのパワーを与えるのか・・・
 実感する時間でした。
 
 さらに、違う病室からも私の病室には人がやってきます。
 前、この病室にいた方がリハビリの帰りに寄ってこられます。
 いろいろな話が、笑顔がとびかい、本当にここは病院??と思う位のにぎやかぶりです。
 整形外科だから、という話もありますが、同室の中には内科系の病気も抱えてご苦労されている方もいましたが、その方もいつも笑顔、でした。

 病院に入るとき、足の手術をして、あとはひたすら時間があると思って大量の本とパソコンを持ち込みました。
 でも、痛みがあって本を読んだりできないという部分をのぞいても、会話が絶えることがないので本を読むことはほとんどなかったです(笑)

 そして、病院に入るのは、足を治すため・・・それしか考えていませんでしたが、それは違いました。

 笑顔の大切さ。
 人生にはいろいろあること・・・その人生をありのまま受け止め、自ら可能な範囲で切り開くこと、納得がいくまで突き詰めること。
 前向きであること・・・前向きであることは、自分も回りもハッピーになること。
 感謝の気持ちはきちんと伝えること。
 
 あたりまえだけど、忙しさの中でつい忘れてしまいがちなことを、改めて気づかせてくれました。
 病院という、独特な世界にいたからこそ、強く感じられたのだと思います。
 みなさん、ありがとう。

 そして、5日間の短い入院生活。
 右足を地面に全くつけられないまま、手術の夜数秒U先生の顔を見て以降会うこともないまま(笑) 
 ・・・松葉杖と共に、夕方、退院しました。

 たのむよ、相方!あなたがいないと歩けないのです!!

    IMG_0763_convert_20100914221833.jpg


別窓 | 体調がらみ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

手術後1日目。

 手術後1日目。

 点滴の後、本当に久しぶりの朝食。
 パンに牛乳に野菜にバナナ。
 胃がびっくりして、こんなにいきなり食べれないぞ・・・
 半分位食べて、痛み止めの薬を飲む。 

 手術後1日目からは車椅子での生活です。
 手術をした右足を乗せる仮台のついた板をつけて、お手洗いにも洗面所へも行くのです。

 お手洗いは、車椅子専用のお手洗いで、しかも、ドアはついていません。
 ドアを閉めてしまうと危ない可能性もあるし、けがをしているのにドアを開閉するのは大変なのでカーテンが代わりについています。
 ちょっと恥ずかしいけど、車椅子の人は全員同じなんだから、とわりきるしかありません。

 車椅子にのったのは初めてだけど、普通に病院の廊下を走る分には快適な乗り物。
 とってもスムーズに動く。
 あ?動けるのって幸せなことだ?、と感じる瞬間。
 足も上げているから痛みも少しはましだし。
 
 手術後一日目は、痛みをがまんしつつ、点滴を何回か受けて、他の患者さんとおしゃべりをしつつ横になって一日が過ぎていきました・・・

 足の状態はこんな感じです。
 足枕のうえに絶えず右足を乗せています。
 包帯の下はシーネという固定する添え木が入っています。

    IMG_0758_convert_20100914221703.jpg

 病院といえば、父や母が入院していた病院をイメージしていたので、患者さん同士でたくさんおしゃべりすることは予想していなかったのですが、ずっと・・・朝から夜まで一日中おしゃべりがたえない病室にいたのです、今回。
 (これはまた別の機会にかきます)
 なので、痛みをおしゃべりで紛らわせていたという感じでしょうか?

 結局、本を読める状況はゼロ。、パソコンを開くパワーも全くなし・・・
 (おしゃべりしていなくても、パソコン作業できるほどの集中力はとてももてないほど痛みは続きました・・)
 勉強できると思っていた自分がちょっと安易だったな?と反省。

 2日目の夜も、熱っぽさと痛みと、お風呂や頭を洗えないかゆみでほとんど眠れず・・・
 長い夜でした・・・
   
別窓 | 体調がらみ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

手術当日の夜・・・

 麻酔が覚めたとき、わかるのは右足ががんがん痛いという事実だけでしたが、手術はつつがなく終わったようです。
 U先生の声も聞こえたし、ちゃんとU先生が執刀してくれたらしい(あたりまえですが)です。

 手術室からベッドで部屋に戻り、早速点滴復活。
 麻酔は何となく残っていて、頭はぼっとしていて。
 足の痛みもあって、話がきちんとできる状況ではなかったです。
 
 あまりの痛みに、痛み止めの坐薬をもらう。
 でも全く効かず、痛み止めの注射を追加。
 なんとか我慢できる程度の痛みに。
 あと、とにかく全身が熱っぽい。
 汗が全身からふきでて、とても眠れない。

 そうこうしてあがいているうちに、夜の8時頃。
 U先生が全ての手術が終わり、回診に。

 U先生は私に一言。
 「靱帯ひどくやられていたね?。全部予定通りだよ」
 そして去っていく。

 これが手術の日、唯一U先生をみた5秒でした(笑)

 それから地獄の痛み再び。
 全身からの熱と汗、足の痛みで1時間おきに目覚めて。
 昨日まで自由に(実際は自由に動いていないし痛いから手術することを決めたのですが)動いた足がなんでこんなに動かないし痛いんだ??と思い、ちょっと後悔?してみたり。

 それに、変な話ですがお手洗いができないのです。
 手術当日は動けないので、お手洗いもベッドの上で桶?のようなものにするのですが、したいのになぜかできずに・・・
 お手洗いができないことがこんなに苦しいものとは・・・ますます眠れない。
 痛いんですね・・

 もちろん?足の痛みに耐えかねて、もう1度坐薬をもらって。
 ほとんど寝れないまま、夜は明けていく・・・・

 朝5時。
 寝てないけど、新しい点滴と抗生剤を入れることもあり起床。
 足の痛みはほとんどかわらない。

 退院が非常に不安だ・・・

別窓 | 体調がらみ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

手術敢行。

入院2日目は手術の日。
昨夜の夕食以降ごはんはなし、朝9時から点滴を開始。
11時から水分もやめ、午後3時以降と思われる手術にむけ、リラックス…と思っていたら。

12時20分、看護師さんが、
「あら、早く手術の準備してください。あと20分で開始ですよ」
…え?
「私、午後の三番目ですよ?」
「でも、12時半に出ると書いてありますから。順番繰り上がったのかしらね。」
「私、11時までお茶飲んでましたよ」
「しめらすくらいなら平気よ」
「いや、しっかり飲みました」
「まあ、早く準備して」

慌てて、手術着に着替え、手術しない脚に着圧ストッキングをはき、車椅子に乗り、手術室へ。
手術台にあっさりのせられ、吸入器をつける。
緊張する間もなく記憶なくなる…

記憶が戻った時はまだ手術台。
最初となんら変わらない。
違うのは、右足首が猛烈に痛いこと。

ぼーっとしながら、右足首のズキズキを抱えて病室に運ばれ、右足首を枕にのせて休む。
再び点滴。

時間は多分一時間くらい。
あっという間の手術でした。

手術終了後の2時過ぎから翌朝まで…長かった…。

この辺はまた(笑)
別窓 | 体調がらみ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

入院初日。

 人生初のプチ入院(なはず)についてつづります。
 なにせ、退屈なので。

 昨日・一昨日が出張だったので、今朝出勤せざるをえず・・・。
 早めに出たのですが、それでも仕事がまとまらず、結局病院に電話し、入院受付時間を一時間延長してもらうことに。
 のっけから何やってるんだか。

 しかも、その時間にもぎりぎりで会社を飛び出したはいいけど、会社の最寄り駅で乗るべき電車は人身事故の影響で全線運転見合わせ・・・
 ひどい!といいたくなるけど、元はといえば私が入院時刻を遅らせたのが悪いかも。遅刻だ・・・

結局タクシーを一部使って病院に着いたのが12:20。
受付して、病室に案内され、まずは昼食となりました(遅刻したせいです)。
それから、血圧などをはかり、その後麻酔や薬などの説明、カウセリングなどをうける。
さらに、シャワーの入り方、車いすの使い方、松葉杖の使い方、お手洗いの入り方などを習う。

けっこう、大変なのね・・・
普段の生活の5倍位のゆとりは必要だし、なにより、松葉杖で会社に通えるのかすこぶる心配になってきた。
おっちょこちょいの私は階段が危険・・・

それら一連の指導がおわればもう自由時間。
退屈だ・・・
おなかすいた・・・
売店で大量のお菓子を購入、かりんとう風のせんべいを一袋一気に食べてしまう。
ちょっと病院食は足りないかな・・・
ダイエットのいい機会と思っていたけど、ひもじすぎてお菓子を食べるという悪循環だと知りました(涙)

夕ご飯はこんな感じ。



あと、入院して入院している他の患者さんからきいたのですが、私と同じ状態の人でも、退院するまでの時間は相当違うそうです。
勝手に目標5日間、最悪6日間というふうに思っていたけど、誰もが出れるわけじゃないみたいです。
2週間くらいかかるひとがかなりいるそうです。
松葉杖&足をつけるまで・・というのもあるんでしょうけど、なかなかオッケーが出ない人がいるとかときき(理由は不明。意外と腫ちょっと不安になってきました。
猛烈に松葉杖を上手について早く退院できることをアピールしようと思います。
目標4日に繰り上げ!!笑

明日の手術はすべて午後。多分7人位がU先生の手術を受けるようです。
私は3番目。
U先生は、午前中別の病院に行っているそうで午後きてすぐ手術だとか。
私が入院している病院で午前中外来の日は6時位に回診にこられるそうで、本当に大忙しのスーパーマン。
明日は先生に会うことのないまま、手術なのね。
なんか不思議なかんじだけど、信頼することにして。
さすがに今日は早く寝よう。

おやすみなさい。
別窓 | 体調がらみ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

とうとう入院日。

 今日は入院日です。
 準備は意外と荷物が多く大変でした。
 本を読もう、パソコンを入れようと気軽に考えていましたが、持って行くのがたいへん。
 結局、軽い本を3冊とパソコンだけ持って行ってみることに。

 かなりの寝不足・・・

 それに、終わっていない仕事を片づけてから入院なので、いまから会社行ってきます。
 出張から間なしで入院は無謀だった・・・
 
 では、まず会社に行って来ます?




別窓 | 体調がらみ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

内田先生別荘訪問!

金曜日の夜から日曜日まで内田先生の別荘におじゃましていました!
宿泊メンバーは初日は女性三人に男性一人。
運転も唯一の男性であるDさんにお願いしたのできっと大変?パラダイス?だったと思います。笑。

夜11時に内田先生別荘に到着!
しばらく内田先生と会話をしたあと、我らだけで美味しいワインで宴です!!
このワイン、飲みやすくて本当に美味しかったです。
贈り物にいいかも…

   

3時まで語り合い、適当に起きようという感じで就寝。

翌朝はだらだらと9時に起床。
朝食はオープンデッキで優雅に…
持ち寄ったパンやらチーズやら、林檎ジュースやらを、のんびりとおしゃべりしながら食べていました。

   

…気づいたら、あっという間に二時間以上たっていました!
時間を気にせずに時間を過ごせることのしあわせを実感。

それから、先生の車にみんなで乗り込み夕方のBBQのための買い出しです。
肉はDさんが行きつけの肉屋さんから5キロ!の牛肉をお取り寄せしてくれたし、後発組が飲み物などは持ってきてくれるので、野菜をかえばよいのですが、買い物金額は14000円…
どんなBBQになるのかしら…

※パソコンがまた修理中で以下写真がありません。後日写真いれておきますのでイメージわかない文章のみで失礼します。

アイスを食べ、パンとランチ用のピザをテイクアウトし別荘に戻る。
再びオープンデッキにて食事。
この穏やかさは何??笑

のんびり休憩したあとはひたすら野菜やキノコを切りまくってみなさまの到着を待ちます。
そして、夕方5時過ぎにほぼ全員が集合です。
総勢30名くらい!
内田ゼミ卒業生、M2、M1、そしてそれぞれのご家族。
奥様もフィアンセもお子さんもみんな一緒に楽しみました!
これだけの集まりを作れてしまう内田ゼミ、内田先生はやっぱりすごい!
これだけの人数を快く迎えてくださり、新しいクーラーボックスや折りたたみイスなど今回のためにいろいろ準備して下さっていました。
そして、肉を自ら焼いて振舞っておられました。
いろいろな方と話したり、仲間と語りあったり…素敵な時間でした。

宴のあと、別荘に宿泊するメンバー8人はまったりテレビをみて…。
そのテレビでやっていたニュースに、なんと同期がしかけていた案件がうまくいったとの正式発表が!!
やったね、Eさん!
おめでとう?。
仲間としてうれしいです!
そして私もがんばります。

そして最後の朝。
またまったり起きてまったり朝ごはん。
この日は人数が増えたのでにぎやかな朝ごはん。
テーマはなぜか内田先生が司会で恋愛について。
好みのタイプやら、合コンの話やら過去の恋愛話やら…
朝ごはんにする話題ではないような気もしますが、それ位リラックスした時間だったのだと思います。
恋愛談義はやはり二時間近くにも…笑

朝食のあとは後片付けしたり掃除したりと帰京の準備です。
そんなとき、トラブル勃発!!

ゴミ捨てにいってくれたHさんの車がゴミ捨て場所でインロックに!
まさにゴミを捨てている間の出来事だったようです。
がっちりした車なので、力づくでもうんともすんともせず…。
JAFのお世話になることとなりました。

待つこと一時間半、ようやくJAF登場!
しかし、「最悪一時間かかりますね」と悲しいお言葉。
そして、いわゆるピッキングを試してくれましたが、やはりいっこうに動きません…
時間がかかりそうなので、女性陣は散歩して待っていると…なんと30分足らずで、「終わったよ」との電話。
JAF恐るべし!
なかなかすごい技で開けてくれたようです。
車に何の傷がつくことなくあいて本当によかったです。

さて、帰ります。
帰る前に食べたのは美味しいそばとそばとそばがき汁粉。
美味しい…すごいボリュームの汁粉にびっくり…

帰り道は高速大渋滞(事故渋滞がたしか三回)で6時間くらいかかりました。
ずっと産んてしてくれたDさんに感謝!

とても心地よい週末でした・・・。
先生も、仲間も、空気や景色も・・・たくさんのやさしさとパワーがあふれていました!

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

MBA仲間との語らい。

 この一週間でMBA関係の仲間との食事会が三回ありました。
 卒業してもこのように機会があるのって本当に幸せ。
 …うん、続くのってすごく価値のあることのきがする。

 まずは、内田ゼミの二期生から四期生までの有志が集まってのビアガーデン。
 総勢22名!!
 これは在学生のパワーをたくさんいただきました。
 私達もこんなにパワフルだったかなあ?(笑)
 M2は修論がちらつきつつ、でも時々は遊ぼう・・・という感じ?
 M1は学生生活を謳歌しているって感じ?
 卒業生は・・・仕事に追われている感じ?(笑)

 次は恒例になりつつあるたこ焼きの会。
 たこ焼きを作りながら飲み思うがままに語る会です。
 これを休みの日の昼間にあえて開催するのがぜいたくで素敵?と思っています。

 ほとんど餃子たこやきのようなキャベツいっぱい状態ですが・・

     ___convert_20100902001116.jpg
    
 今回はなんと広島風お好み焼きに初挑戦!
 プロというにはほど遠いけどなかなかの出来でした。
     
 見た目は、関西風ですが、れっきとしたそば入り広島風ですよ!!

     IMG_0719_convert_20100901232643.jpg

 それになにかを一緒につくりながら長い時間を過ごすと(しかも飲みながら)、安らいだり元気が出たりしますよね!
 うん、いい感じ。

 そして最後は、MBAの同級生であり、学部の先輩であるSさんとハンバーグディナー。
 一緒にグループワークやったり、同じマインドが感じられたりして、なんだかとぎれることなく続いています。
 わざわざ巣鴨までいったのですが、美味でしたよ?。

      2__convert_20100902001504.jpg

 おいしいハンバーグを食べつつ、食後にコーヒーショップ(その名も「伯爵」
(笑))でコーヒーをのみつつ、親への思いだったり、仕事だったり、恋愛だったり・・・人生そのものについて、ありのまま話していたようなきがします。

 ・・・話せる相手がいること。
 ・・・話がはずむおいしいご飯があること。
 ・・・一緒に過ごす空間を感じられること。

 あ?、本当に幸せ。

 この幸せを肥やしに、人にも少しでも幸せをあげられる人になりたいですね。

 ※ブログの写真だけをみると、食い道楽っぽいなあ・・・

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ゴルフは本でイメトレ。

 週末の予定が立て込んでいたり、病院行ったりでちょっとご無沙汰なゴルフ練習。
 手術もあるので、しばらく打ちっ放し場でのレッスンもお休みさせていただくことになっています。

 でも、もちろん、ゴルフに対する挑戦心は忘れていませんよ。
 あまりに下手すぎて、やめるわけにはいきません。
 父が大好きだったゴルフ。
 それに、浜松の兄貴さんとできるくらいのレベルになるまでは、少なくともがんばる。
 組織でもお誘いいただいているし(笑)
 ゴルフを継続できる場だけはばっちりなんです。

 そんな私に、ゴルフの本を下さる方が・・・(写真、ちいさくなってすみません)

       

 まず、手前の文庫本。
 プロよりも強いアマチュアとして有名な中部さんという方の本です。
 これを読むとゴルフが大好きになるのだとか。
 内田ゼミ同期のTさんからのプレゼント。

 そして後ろの2冊は、まさにゴルフ理論の本。
 大学の先生が書いたはじめてのゴルフ理論本と書いてあります。
 説明本+マンガなのですが、くれたAさん(一緒に回る機会が多いのですがいつも足手まといで・・・)いわく、先に本を読んでからマンガ、がいいそうです。
 Aさんは、この本を読んで、久々にベストスコアを更新したとか・・・

 この3冊を病院に持って行って、しっかりイメトレすれば、復帰もスムーズに??

 目指すは、10月最終日のゴルフ復帰!!(あくまで目標)

 でもね、なにより、こういう風に本を送ってくれて、一緒に楽しもうといってくれる仲間がいてくれることが、その気持ちがうれしいです。
 ありがとう!&イメトレがんばります!

別窓 | ゴルフ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。