アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

クックパッドの事業領域の決め方。

 今日は出張で松山に行っていましたが、そのままダッシュで嶋口・内田研究会へ。
 お目当ては、レシピサイトのクックパッド、広告事業部長の大野さん。
 クックパッド、よく使っています!
 それに、MBAの授業でもクックパッドの派生ビジネスモデルをプレゼンしたし。

 残念ながら、30分遅れていってしまったため、内容の中心部分は聞けず・・・
 でも、質疑の中で、お、と思ったことが。

 「佐野社長は、ぶれずに事業領域を広げない・・・」と言う台詞がありました。
  ・主婦が喜ぶのか
  ・競争優位を築ける・・・世界で一番になれるのか
  ・収益をうみだせるのか
 これをとことんつきつめ、今のビジネスモデルからの発展、横展開など手を広げないそうです。
 
 ってことは、私が授業で作ったビジネスモデルも、新しいんじゃなくて、やらないのね。・・・ってことですね。きっと。

 それで、名刺交換した際に、この件をもう少し聞いてみました。
 それでおもしろかったのが大野さんの答え。
  ・実際は今いる主要メンバーが得意なものを使って、少しずつ事業領域が広がってきた。
  ・サイバーエージェントの藤田社長の様な人が来れば一気に事業領域は広がると思う。
  ・でもうちの今いるメンバーは、みんなたまたま狭く深くのタイプだから、結果としてこうなっている。
  ・人の流動性を前提に、その流動性でビジネスを組み立てている
 だそう。

 人の流動性を前提に、その流動性を活かしてビジネスを組み立てる・・・なんだか、とても新鮮な言葉。
 実際、ビジネスでは人の流動性は激しくなってきているけど、でも人の流動性があるからこそ、人に依存しない戦略と実行、仕組みで対応することをめざすのでは?
 クックパッドは、人の流動性=世の中の変化に対応する、ととらえてるんですね。
 
 ベンチャーだから、個人への依存度が高いのは当たり前ですが、人の流動性に逆らわないこと、人があってこその進むべき方向性が決まる、と言い切るのには、若さと勢いとを感じ、感心しました。

 たしかに、一度その流れを作って、組み立てれば自然と方向が決まる・・それにあった人を採用し、設備を整える・・・。そうすれば、自然とそれでも仕組みはできる。
 戦略→実行とオペレーション、ではなくて、入ってきた人の強みとアイディア→実行とオペレーションってことかな。

 無理して戦略だ?と肩肘張らなくても、なんだかこの自然体もいいな、とおもった時間でした。 
 
スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。