アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

修士論文発表会。

 最後の早稲田MBAでの学び。
 修論の発表会です。

 修論については、1年の秋に自分がやりたいテーマを2回プレゼンして固めて研究計画書に落とし込む。
 2年になってから内容をふかめていき、その間2回プレゼンしてメンバーから意見をいただき、後半に文章におとしこむ・・というプロセスでした。
 みんなの修論は、4回にわたってきいているわけですが、秋以降の追い込みで修論は決まるので、最終的にどのような形に仕上がったのか・・・お互いに知らないし、ぜひ知りたいと思うのです。

 そこで、修論発表会を開催しよう!となったわけです。

 もちろん、M1の方にもお声かけをしました。・・・これは修論のイメージをつくるのに参考になるかと思って。
 我らの代は1つ上に内田先生のゼミ生がいなかったので、修論のイメージもわかずけっこう苦労したのですが、今のM1はわれわれの苦しみや進捗を感じてくれていると思うので、きっといい論文を書いてくれると思います。

 そのほか、私たちより2年先に卒業した1期生のDさんとKさん、学部生も4人ほど来てくださり、盛大に開催されました。

 進め方としてはプレゼン+質疑+内田先生コメント・・・という形ですすみました。

 我らは、業種が全く違うメンバーが集まっているので、自然と修論のテーマはばらばらなんですが、よくきいているといくつかの共通項があることに気づきました。
 たとえば経営者のタイプや意思決定など。
 もっとも、その経営者は、外資系企業だったり、業績の悪い企業だったり、中小企業だったり、クラスターの中心人物だったりといろいろなんですが。
 こういう話を書いている途中でしあってもおもしろかったな・・・とあとから思ったりしました。

 で、私の修論についても、いくつも質問をいただきました。
 質問をもらう理由は多分ですが、私の修論は非常にわかりやすいと思います。
 まず、理論じゃない。全てインタビューでつくったケーススタディからできている。着目点が企業の変遷における経営者の意志決定とその対応という、ビジネスにおいてもMBAでも絶えず触れている点であること、など・・・
 あんまりうまく答えられなかった気も、ごめんなさい。

 私の論文について、先生からは、
 「対象の絞り込みがきちんとできている。
  1円にもならないインタビューに中小企業の経営者がこんなに長時間応じてくれるのは、だえみの魅力。
  このインタビューがしっかりとれている時点で大丈夫だと思った。
  後半赤身でいいのにトロになりたいといって苦労していたが、最後は根性で、副査も絶賛する本当にいい論文になったと思う」
 という過分なコメントをいただきました。
 先生には、いじられるばかりでほめられることは皆無なので、なんだかほんと?と思いつつもうれしかったです。
 (あくまで、修士論文としてよかった、ということです。
  博士にいくAさんと隊長はすばらしい内容なのですが、既に次の課題をしっかりいわれていました。研究に限界なし、ですね)
 
 終わった後は、なぜだかもりあがって、教室で記念写真。
 このポーズは、「頭取」ことEさんの得意ポーズ!!
 なんだかすごくいい顔をみんなしていると思いませんか?
  
   20_convert_20100327233800.jpg

 終了後、11時頃から内田先生と先生とご飯へ。
 こういうこともときどきあった。仲間達とだけであればしょっちゅうあった。
 ・・・・こういう日々ももう終わりですね。
 
私は、この2年間いつも帰り道がいっしょでたくさんたくさん話をきいてくれたYの終電に間に合うように(Y君の方が同じ沿線でも先の方に住んでいるので)Yくんといっしょに少し早めに(といっても11時40分に早稲田発)帰宅。
 いつもと同じように将来について熱く語りつつ、帰りの電車を降りる際に降りやすい道を造ろうとしてくれました・・・これもいつもと同じようなYくんのやさしさ・・・こんなかんじでいつもと同じような帰り道。

 でも、この帰り道は学生としては最後なんですね。

 やり残したことはないけど、でもまだもっともっといたくなってしまう・・・そんな思いを抱いた一日でした。

スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。