アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

口頭試問を振り返る?所見書をみて?

 昨日は口頭試問が終わった・・・という勢いでのブログでしたが。

 今日は午後から大学へ。
 目的は所見書という主査及び副査からのコメントをいただくため。
 
 私は昨日の面談で、ペンを持って行かないという大失敗を侵したため、修正事項がしっかりと把握できていなかったのです。
 この所見書に書いてありますように・・・と思い、受け取る。

 戻ってきたのは、1月8日に作成した修論セット3冊。

   P1010580_convert_20100131000623.jpg

 なんだか、すでに懐かしい。
 この表紙、小学校の出席簿みたい??

 その間に挟まっているのが各教授の所見書。

   P1010581_convert_20100131000655.jpg

 先生により書いてることはまちまちですが、しっかり読んだ上で書いてくださっているのがわかりました。
 主査の先生は嫌になる位内容を理解してくださっているのはまあ当然かもしれませんが、副査はたくさんの学生をもっているので、読んでおられない位に思っていました(相談はもちろんしていますが、そんなに頻繁ではないですから)

 書いてある内容は。

 まず、論文としての価値がどこにあるかをきちんと書いてくださっています。
 私であれば・・・視点だったり、その分析や深掘りの仕方、情報量からくる示唆。

 ・・・うん、とっても苦労したところ。
 ひたすらまっすぐに企業さんを、社長さんを見つめて作ったところ。
 素直にそこから何かが見いだせたことが、それをユニークだと、興味深いといっていただけたことがうれしかった。

 一方、改善すべき点、今後深めるべき所をかなりしっかりと書いていただいています。
 まずは、先行レビュー。ここは本質的に駄目でした。
 次に、私は企業の対外活動プロセスにフォーカスしたのですが、対内活動プロセスも加えて行うと価値が深まるとのコメント。・・・これはまさにやろうとして失敗したところ。
 
 ここは口頭試問でも指摘されました・・・。おおきなポイントだったのでしょう。
 「今後、この研究を深めるに当たって最初に何を深めますか?」という質問をされた際、私はちがうあることを話したのですが、副査の両先生方から、一番最初にやるべきことはこの対内活動プロセスだとご指摘をいただきました。
 両先生がおっしゃるということは、間違いないですね!
 ある程度すでにネタはあるのでそれを深めることは可能な気がしました。
 
 もう一つ。実は今回の研究でおもしろい視点が少し出ているのですが、そこの深め方がまだ不足しているとのご意見でした。
 その深めるときの視点もご示唆頂きました。

 なんだか、ご指摘頂いたことは、自分でも少し足りないなと思っていたところ。
 そこをずばっと指摘して頂けるのは幸せなことです。そして、さすがですね。

 昨日のブログで納得したと書きましたが、やっぱり、所見書をよんだら納得できなくなりました。
 こんなので納得してはいけない、そう思い直しました。
 まだまだ、もっともっと深めるべきことがある。

 限界はないんだ、と感じさせてもらえた口頭試問&所見書でした。

 お世話になった先生方に感謝するとともに、MBAで学び、修論という自分と向き合い自分を知ることができた貴重な時間を得られたことに、思わず涙した一日でした。 
 
スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。