アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

12月31日なので修論、とりあえずお作法修正を開始してみるが。

 今日は紅白もあるし、どうにも勉強するきになれない。
 今年一番好きだった曲、ゆずの「逢いたい」もあるし、アンジェラの「手紙」で涙するだろうし、なによりも愛するドリカムがトリだし・・・

 そこで、今日は午後からお作法修正と参考文献書き。
 時間がかかる・・・
 猛烈に。

 そして、社名をとりあえず無難に仮名にしようと置換を開始する。
 すると、じゃあ社長名はどうするんだ?となる。
 社名に名字が入っているとどうにもならないので。
 しかし、親、子と両方登場する場合は、イニシャルでは困る。
 うーん・・・
 こんなところで時間をつかってどうするんだ・・・というところで数時間。
 やばいぞ?????
 間に合わない、涙。

 そうおもいつつ今年最後のブログを書いていたら、以前相談していた件について内田先生からメールが。
 大晦日に恐縮です。
 そしてそこには、とりあえず企業を仮名にするのかについて質問が。偶然にも。
 口頭試問までは、企業は実名がいいのでは・・・と先生。

 今日の時間は・・・・
 (ワードの単なる置換ではすまないんだな・・・これが。?の有無とか、社長の名字とか、旧社名とか・・・)
 ショックだ??

 でも、今アドバイスをいただけたのはもしやラッキー?
 以心伝心??
 (いや、違うでしょう。ぎりぎりまでそういうことを決めていないという私の駄目さ加減を見かねてのアドバイスでしょう)
 本当にありがたいです、よね。大晦日に。
 
 ちょうどブログをはじめて1年。
 読んでくださったみなさま、ありがとうございました。
 良いお年をおむかえください。

 また来年もますますよろしくお願いします!! 

スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

修論その後。

 組織オペの課題が終わったところで、修論に集中というはずが。
 まったく進まない。
 ひたすら削られる。
 ついに60ページまで・・・半分近くなった。

 まだまだ、副査の先生の指摘もいれるから多少は増えるとは思いますが、
 仕上がりは75ページ位でしょうか。

 実はこの1月以上、ずっと同じことで悩んでいます。
 結論とは直接何も関係ないところ。

 自分の発見事実をよりわかりやすくするためにいれた分析のフレームワーク。
 これを大々的に挿入したことで大混乱したのです。
 内田先生から厳しい指摘(この分析はどうにも浮く。おまけのはずなのに主役になっている)を受けて以降、そのフレームワークを使う場所を減らしたり、場所を変えたり・・・・本当にこの1月修論に費やした時間の9割はこのフレームワークに関係する部分でした。

 そして・・・

 今日をもって、100%その分析に関する記述は姿を消しました。
 すごく寂しい・・・
 この一月はなんだったんだ・・・

 そうは思うけど、Tさんがいう「筋肉質」の論文を目指して、まだまだがんばります。
 
 っていうか、このスピードでは間に合いません。
 参考文献も、概要書も、謝辞も、表もまだつくってない。
 内田先生からの当初指摘部分もまだまだ直せていません・・・

 時間との戦いです・・

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(実質)最後の課題を提出。

 後期は取っていた授業が少なかったので課題も当然少ないです。
 もっとも、夜間MBAでは2年の後期に授業を取る人は少ないです。
 聴講のかたはぽつぽつ。

 私の場合、聴講にしようか迷いつつ結果的に正規履修となった「組織のオペレーション」。
 これは、ローランドベルがー会長、来年度は早稲田MOTの中核教授となる遠藤功先生の授業。
 どうにもこうにも履修したかった。
 なんて言うんでしょう・・・泥臭い授業を受けたかったというか。
 自分の組織が支援する企業さんは、戦略より実践の企業が多いし、それが一番とも思っているので。

 実際、正規履修でよかったです。
 ハードではないけどレポートはちょこちょこあるし、まあ聴講の方が楽ではあるのですが、仕事で嵐がきたこともあり、正規履修でなければ途中で行かなかった可能性大・・・
 遅刻しながらも、1回仕事で休まざるをえませんでしたが、なんとかそれなりに聞くことができました。

 現場力のある企業は価値創造を自ら生み出すことができる。ストレッチできる。
 そこからケイパビリティが生まれる。

 これを企業さんに伝えることはできる。経営者がやる気になってくれ、引っ張るパワーがあれば規模が大きくなければできるかもしれない。
 しかし、自分の組織に自分が入れようとするのは無理がある。
 トップにこういうことを直接働きかけられることは不可能だし。
(トップはすでに現場を重視しています。が、しくみとして根付づかせるまでもっていければいいなあと思う)

 ・・・早く現場の仕事に異動して、アピール!!するしかないか。

 それはさておき、最後の課題。
 自分の組織の「見える化」を活用した改善提案。
 見える化は、たとえばトヨタのあんどんとか、普段の生活で言えば野球場にあるスコアボードのようについ目に入ってしまうシグナルのような信号情報が代表です。
 もちろん、DBとかも広い意味での見える化ですが、これは基礎情報みたいなもので、見ない人も多いし、有効に活用されないことが多い。
 だから、嫌でもみえるシンプルなアナログなものを使い「見える化」するのも大事ってわけです。

 今は管理部門なので・・・ひじょーにむずかしかったので。
 HI?Cubeでつくってみました。

 あの当時は、できることを全部やった位の勢いでした。
 いろんな「見える化」をしていたつもりでした。
 サスティナブルな施設にするために。

 でも、改めて振り返ってみると、やっぱり属人的だったなあ、と。
 信号情報がなくても何とかなる仲間、経験、カン・・・そういう要素が大きかった。
 これでは、メンバーが替わっていく中、サスティナブルにはなれない。

 そういう振り返り、反省をしながら、もし次にインキュに関わるならと思いアナログ提案をつくりました。
 すごくレベルは低いですが、HI?Cubeにいたときの様な気持ちになり、なんだかすごく楽しかったです。

 こういうのが最後の大きな課題でうれしかった。
 これまでの現場活動の総括という感じで。

 しかし、大きな課題はもうないとなると・・・
 修論を書けば、もうこういう負荷のある生活も終わり・・・?

 うれしいような、いやいや寂しい・・・
 仲間とも頻繁に会えなくなるし。

 まずは、センチメンタルになる前に修論だ!!!

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

最後?の個別指導。

 最後の個別指導、内田先生の研究室に行ってきました。
 大学は既に冬休み、閉門時間も早いので建物は真っ暗・・・
 なんだかセンチメンタル。

 そして、指導を受ける。
 テーマは、副査の指導を踏まえて構成し直した考察の確認。

 考察の組立を大きく変えました。
 説明しようとしていた4つのうち2つをきって。
 かわりにより深めのこうさつというかそのようなことが起こる理由を深掘りしたものを4ついれました。

 すると・・・
 2つきられました。
 2つはかろうじて残る。

 先生が2つ切った理由。
 先生曰く、「残り限られた時間でだえみが高められるものと無理なものがあるはず。高められるものをしっかりやりなさい」とのこと。
 ・・・確かに、切られた方のたたき台、寝ぼけながら書いていたのですが、それをさっと読み、どのくらい深められそうかをちゃんと理解して、このレベルでは時間的に高めるのは無理だと感じたのだそう。
 確かに、先行文献洗うにも図書館空いてませんしね・・・
 そういうのがわかるもんなんですね。
 すべてお見通し。は?ってかんじです。

 でもやることは明確になりました。
 お作法とか概要書とか謝辞とか図とか書くことを考えると時間がない。
 大丈夫か???
 でも、内田先生に終わりがけに「そういう深掘りしていく姿勢がいいところだ」といっていただけた!
 ほとんどほめられたことないのでうれしい!・・・だから、もうひとがんばりしたいと思います。

 最後に記念写真。
  P1010467_convert_20091226224339.jpg

 先生に入れて頂いたお茶(研究室なのでティーバッグです)と手みやげでもっていった愛しの岡埜栄泉(虎ノ門の)を一緒に食べつつの個別指導。
 センチメンタルになりつつ、先生のすごさとそして温かさを感じた時間でした。
 先生、がんばります。本当にありがとうございました。

 あとは、自分次第。  

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

副査の先生からの個別指導。

 会社を早退して修論の個別指導へ。
 今日は内田先生ではなく、副査の先生方。
 1人が昼間の商学研究科の教授U先生なので、アポが昼しかとれないんです・・・
 すごくたくさんの企業を回っておられる、中小企業の生き字引みたいな先生。
 (ときどき、新聞なんかにも書かれたりコメントが載っていたりします)
 夜の先生だったら入り浸りになるのでしょうが、昼はうかがえないのでなかなか相談する機会がなく。
 
 もう1人の先生は、私とそう年齢も変わらないのに教授になっているというすごいI先生。
 内田ゼミではこの先生を副査にしている人はすごく多いです。
 汎用性の高いアカデミックな引き出しをたくさん持った方です。

 さて、そのお二方からの指導の結果は・・・
 とてもありがたい指摘でした!
 どちらも考察や考察を踏まえた一般化のところの指摘をくださり・・・・順番から行くと最後の方で、大事なのに思わず力を抜いて執筆してしまっている所を厳しく?指導頂きました。
 目からウロコ・・・みたいなところもありました。

 I先生から、専門職大学院の修士論文に求めることは?とうかがうと、
 「社会人一般に思われている常識と違うところを見いだし、かつその理由をきちんと説明できること」
 だそう。

 なるほど・・・
 しかし、むずかしい・・

 だって、ほとんどの本や論文に書かれていることは、びっくりというより「わかる?」ってことばかり。
 常識じゃないことが書いてある本は少ない。
 著名な方の本ですらそうなのに・・・
 自分ので目からウロコなんてあるはずもなく。

 この悩みで1日で3行しか変更できませんでした。
 このままどうなるのか・・・悩みはさらにさらに深まります・・・

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

修論大改造の結果。

 修論大改造の結果。

 ・・・ふりだしに戻りました。

 明日、副査、副査の個別指導でしたが、急遽主査にもアポ入れました。
 
 どんどん迷走しています。
 なぜ迷走しているの??

 それは、きっと、より大きなスパークのため。
 
 そう信じないとやっていけないので、信じて進もう・・・
 
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

修論大改造・・・。

 修論、内田先生のアドバイスを踏まえ、変更に着手。
 「まあ」からの脱却をめざして・・・

 その脱却案をいくつか頂いていたのですが、考えた末、Low Lisk+Middle Liskの融合案にまずトライ。
 時間があればHigh Liskにも挑戦?と思っていましたが。
 
 大改造です・・・
 融合案ですら、大改造です・・・
 終わらないし、本当に良くなっているのかわからない
 どこを削っていいのか、どこを工夫すべきなのか、ヒントはもらっているのに混乱してくる
 方向、間違ってない??
 
 大改造はまだまだ続く・・・
 早めに先生に見せて、間違っていないかを確認しないと手遅れになりそうです・・・
 
 今日のブログ、・・・が多いですが、これからしばらく同様の日が続きそうです・・・
 
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「謝ったら笑顔で」って大事。

 実は、最近相当テンションが低いです。
 体力的にはなんとかなりますが、精神的にへこんでおります。
 仕事が忙しい・・・これはなれているし、今も忙しいけど昔はもっと忙しかったし。
 ではなんで???
 
 やはり人間関係でしょうか。
 もっとも、悩んでいるとか言う感じではありません。
 トラブルとかでもありません。
 
 仕事でどうにもがんばっても理解できないことがあり(仕事そのものではなくスタンスの部分で)。
 仕事以外でも、とある人に??と思うことがあり。
 ちょっとしたこと、かもしれないけど、私にとっては積み重ねもあってけっこう大きいことのような気もする。
 
 元気なときは戦う(笑)というか正面から向き合って何とかしようと思うのですが、今回は・・なんかだ向き合ってという感じじゃなくて。

 今は、向こうから歩み寄ってくれるのを待ちたい感じ。
 いつもはほぼ100%自分から寄っていってしまうタイプ(しっくりいかない状態が嫌いなので)ですが(笑)
 
 たった一言で、すべて笑顔で大丈夫、なんだけどね。
 そのたった一言を、妥協したくないという感じ?

 まあ、そんな調子なので仕事は失敗だらけ。
 組織の中でもっとも組織のトップ層が全員集合する大きな会議を私の所属課が主宰しているのですが、その会議が今日あってめたんめたんでした・・・
 数多くのトラブルがありました。
 
 でも、そのなかで明らかに私の失敗もありまして(内容は事業そのものではなかったですが)・・・組織のトップは私があわてて失敗に対応して席を外している間上手に違う話題などをしながら時間をつないで私のことをフォローしてくれ、終わってあわてて謝る私に笑顔で「だえみだから忘れると思ったよ?」といってくれました。
 なんだか、申し訳ない気持ちとうれしい気持ちがまざりました。
 自分で言うのも何だけど、怒られず、突き放されず、こういってもらえたのは、間違いなくすぐに謝ったからだとおもう。
 謝るなんて初歩的だけど、でも一番大事なことだから。 
 謝っていなければシビアな評価されただろうな・・・といまさら思う。 
 
 なんか、このくらいの感じで接するせっすることができればいいな。
 ちゃんと謝る。すぐに許す。
 これは、信頼関係がどこかにあるからだ、と思う。
 こういう、トップがくれた言葉のようなことを私も言えるといいなと思う。

 ・・・が、私はトップにまだまだ信頼されるところまでいってないぞ・・・
 まだまだ修行はつづく・・・
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

再び修論指導。

 授業の後、また内田先生に個別指導を受ける。

 結果は。
 今のままか。
 ローリスク、ミドルリターンか。
 
 今のままでも卒業はできるだろうとのこと。
 ただローリスクのをなおすとよりすっきりするだろうと。
 (私の文章、冗長でした。量がすごく減りそう。
  本文の大半を参考資料にすると本文は30枚、参考資料70枚とか)

 そしてもうひとつ。

 ハイリスク、リターン不確実。

 こんな用語、あり?ってかんじですよね(笑)
 ハイリスクで不確実なものを選ばないですよね、普通。

 内田先生はこの案(ハイリスク)が好きだけど、忙しさと期間と・・・なにより、副査の人が評価するかが全く自信が持てないとのこと。
 今の案なら、確実にそれなりの評価はうけるだろうと・・・根拠なくいっておられましたが。
 
 今の仕事の状況は、無条件にハイリスクを選べない。
 でもそのままはいや。
 どうしたものか。

 課題は多いけどこれでいいよ?ってくらいなら、そのまま卒業したのですが・・・
 期待はずれだったと厳しい指摘された後、でもこれで卒業はできそうだからいいよ・・・といわれてもねえ。
 (先生、ねらってる?)

 少し悩んでみます。
 いずれにしても、修正事項はたくさんあるのでがんばります!

 そして。
 とてもとてもお忙しい中、先生、ありがとうございます。
 もう一度頭に汗かいてがんばります。

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

第1稿提出後、初の個別指導。

 とにかく最後はひたすら悩んで書いて、第1稿を提出しましたが。
 今日は内田先生の所に第1稿のブラッシュアップに伺う。

 厳しかった・・・

 全否定ではないのです。
 まあ、今のままでもいいといっていただいたのですが。
 でも、「まあ」なんです。

 インタビューを積み重ねてきたなかでの「きらきらの原石」が埋もれてしまったみたいです。
 論文のボリュームは100ページを超えてそれなりなんですが、その中に埋没。
 
 しかし、ディスカッションすること1時間。
 打開策は見つからず。
 次のスパークまで少し寝かすことに。
 ※今週中にスパーク予定(期待)

 次のスパークまで、先行研究を積み重ねよう・・・
 でも先行研究読むとよけいなことに気づいて、また原石が埋もれそう・・・
 
 ジレンマ・・・

 これに再来週までお会いできない副査のコメントが入ったらどうなってしまうのか・・・

 やはり、正月はなさそうです・・・ 

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

SAMURAI8の結末?MRJグループワーク?

 毎回、ベリートップの方を迎えて講義&ディスカッションする授業であるリーダーシップ論。
 その授業の中で並行して行っていたのが、三菱リージョナルジェットMRJのグループワーク。

 MRJの参入戦略を6チームに分かれてつくります。
 チーム分けが7月、発表が10月末と11月だったから・・・かなり長丁場。
 
 我がチームは前もお話ししましたが、チーム名はCチーム・・ではなくて「SAMURAI8」。
 飲むときのかけごえも同様。
 ひとりひとりもニックネームで呼んでました。
 NAKAG、しげ、みねお、やま、のぶ、づかちゃん、あず、だえみ。

 まあ、本当によくやりました。
 これはもちろん他のチームも同じですが。
 他のチームもとても充実していたみたいだし、飲みも楽しそうでした・・・
 うちも楽しかった・・・・

 で、先日、結果発表が。

 そしてその結果は・・・・
 
 ?内田先生&村田さんによる表彰
 
   雉樒憾隰帷セゥ_convert_20091205095147

  第一位です!
  内田先生からも一番(特に内容と質疑)、村田さんからも一番(特に熱い思い)という評価をいただきました!!

 ?受講生全員による評価

   雉樒憾繧ッ繝ゥ繧ケ_convert_20091205094817

  これまた第一位です!
  受講生の方に評価して頂けたのはとってもとってもうれしかったです。

 そして、副賞は・・・

   逶ョ骭イ_convert_20091205095014

 この数ヶ月、みんなで脳に汗をかいて、もう少しもう少し、もっとおもしろいものを、きれいなだけじゃないジャンプを、うねりを・・・とがんばってきた結果だと思うので素直にうれしいです。
 
 そして、私たちが社長に1人でプレゼンをしてもらうように託したその思い、社長は十二分にくみ取ってくれたからこその熱いプレゼンだったと思います。

 NAKAG社長を男にできて良かったです。 
 みんな、ありがとう。

   P1010418_convert_20091205095235.jpg

 先生のガッツポーズはなかなか貴重?

 そして、この三冠にくわえ、四冠目が!!
 ね、Sさん。おめでとう!

 祝勝会は・・・上の権利もありますが。
 まずは、新宿で夜景を見ながらスパーク!!  
  
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

だえみの研究の価値(汗)

 修論の第1稿を出し終わっても。
 ここからが本番、なはず。

 実際の所、修論はその後いろいろあってやれていませんが・・とりあえず主査、副査にアポをいれる。

 が、これが双方の都合があわずうまくいかない。
 結局、副査は両方の先生とも20日過ぎに・・・(汗)

 内田先生は多分明日です。
 ここで次のステージに進みたいところ。

 で、副査の先生に、とりあえず第1稿を先に送ってコメントをいただこうと策略、メールでアプローチ。
 苦労すること数日、やっと送れることに。

 送ったらなんと、5分でレス。
 そこでいただいた言葉は、
 
 「だえみさんの研究の価値」

 まだ、読んでない中で、私のメール本文をみてのコメントです。
 (論文の作法がわかりませんと書いたので(笑))

 アカデミックとか、定量分析とか事例研究とか関係なく、実務でもアカデミックでもどこでもいいから、自分の研究の価値をなにかみいださるか・・・が大事なんですね、

 当たり前といえば当たり前ですが、すばらしい言葉、そして重い言葉・・・
 深い・・・

 だえみさんの研究の価値・・・
 考えてみよう・・・(手遅れ??)

別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

読書室の仲間たち。

 早稲田(大学)で勉強する場所・・・いくつかあります。

 最初は中央図書館の地下の個室がお気に入りでした。
 が、個室だと必ず寝てしまう。
 自由に出入りができない。お手洗いに行くのも面倒・・・
 場所も遠い。
 ・・・で行かなくなりました。
 
 その後は旧9号館が好きでしたね。あの古い感じが。
 新しい11号館ができた後は、1階や地下も使ったけど。 

 そして今は、10階の読書室がすき。
 上から下をみると、景色で季節を感じるから。
 
 そこに集う仲間が何人か。
 なぜか、妙に離れて座る。
 内田先生に、何でバラバラに座るんだ?とつっこまれました・・・
 特に意味はないけど、大人だから?・・・へんなロジック?

 ここで生まれる妙な一体感。
 そして、同じ時間に地下や中央図書館で勉強する仲間達もいる。
 みんなバラバラで勉強して、ご飯の時だけ集合したり。

 遠いようで近い、近いようで孤独。
 でも、みんなががんばっていることを感じられるってすてき。
 自分もがんばれる。

 そして、前も書いたけど、内田先生が顔出してくださったり、
 友達がやってきてエールを送ってくれたり。

 昨日は内田ゼミM1のMさんが超プレミア「スパークチョコ」を!!
 この気持ちが素直にかわいくてうれしいですよね。ありがとう!
 (思わず写真を撮った。袋もたべたあとも保存) 

 そして、一足先に第1稿をだした末弟Nくん。
 昨日私が読書室から出てくる位の時間に携帯メールで気配りの一言・・・

 なぜ修論をかいているのか。
 勉強の集大成?

 ・・・いや、ちがう。
 人の有り難さを実感するため。
 感謝する気持ちを育てるため。

 そうにちがいない!
 というわけで、甘えるわけではないけど、こういう仲間たちに感謝しつつ後一月がんばります(笑) 
 
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

とりあえず修士論文第1稿提出!?

 とうとう、とりあえず修論の第1稿を出してきました。
 締め切りである今日の20:30。
 まさにぎりぎりの提出。もちこみです。

 みんな、やばい?っていってたのに、ほとんどのみんなは既に提出済み。
 すごいなあ・・・

 自分は。
 
 ここ数日相当追い込んだら穴がたくさん見えた。
 やるべきことがまだ1/3くらいしかできてないことに。
 でもそれをやったら間に合わないので、最低限のやっつけ。
 不要な文章や、繰り返しが多いのも実感。
 でも直す暇なし・・。
 
 昨夜はもうれつにねむく。
 レッドブルもカフェインの錠剤もきかない。
 もうれつにしょっぱいスナックや甘いお菓子を食べて刺激するしかない。
 3時半に力尽き、5時過ぎにおきて。
 6:40完成。

 ・・・いや、目次を昼休みに作って、とりあえず完成。

 予想では・・・・
 すごい解放感で、週末スパークだ!と思っていたけど。
 ちがうんだよね。こんなに出来が悪いってことを実感して、これから1月大変だということを覚悟せざるをえなくなる。

 これから早速、内田先生と副査の方達との個別指導のアポ取りがはじまります・・・

 この解放感のなさ、落ち込みが不思議。不思議。
 正月返上が確定・・・

 今日は、しっかり行きつけのマッサージを90分受け、さすがに熟睡します。
 おやすみなさい・・・
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

内田先生の愛情?&あがくあがくが・・・修論は・・・

 先日のブログを書いた後。
 あの日の夜、またも内田先生読書室に来訪。
 我ら読書室の仲間達に一声かけてくださり、そして帰宅されました。

 ・・・うれしく、情けなく。
 先生はよほど心配なのでしょうかね・・・やはり。

 その後も、最後のあがきとがんばっておりますが。
 今更ながらにたくさんの穴に気づき・・・でも8日までにはもう間に合わないので、第1稿から最終稿の間で埋めるしかないですね。
 
 いや、まだ第1稿の完成にはとおい・・・ 
 正確には、先行研究のまとめと図表、概要書は捨てると決めて・・・・何とか形にしよう。
 
 徹夜すれば、まにあう、いや間に合いますように・・・

 ※昨日の夜パソコンがフリーズ、3時間以上を棒に振ったのが痛い・・・・
 でもまわりの仲間達もワードが壊れたとかウイルスにやられたりと、みなさんご苦労されています・・・
 こういうときだから、こういうことが起こるのでしょうね。

 あともうふたがんばり、読書室の仲間達、がんばりましょう!
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

内田先生の愛情?。

 今日の昼、いやついさっき、内田ゼミM2の数人とランチ。
 修論追い込みメンバー中心です。

 ランチも後半にさしかかった頃、携帯が鳴る。
 内田先生だ!

 「おい、今Oさんと一緒にいるだろ?昼ご飯か?」
 「はい。」
 「今からM1と昼ご飯に行くからそっちいくよ、どこ?」

 ・・・つまりです。
 先生は、今日もM1との授業の後、学習室をのぞいてくれたんですね。
 私たちがいないから、昼だろうと思って電話をしてきてくれたのです。

 ちょっと、すばらしすぎませんか?
 
 結局、先生とM1のみなさんがやってきました。
 短い時間ですがおはなししたり、エールをいただいたり、いじられたり。

 うんうん、幸せです。
 
 これで修論さえなければ・・・ 
 いや、修論がなければこうはならない・・・

 うーん。がんばろう。

 
 
別窓 | 早稲田MBA | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

内田先生の愛情。

 修論、やばいです・・・
 第1稿の締め切りを12月8日に控え、私は全くスパークしていません。
 正直、修論とかMBAとかいっている場合ではなかったこの頃。

 でも、いいわけは絶対通用しないのが修論。
 それに、愚痴はいいたけど、いいわけがしたくないのも修論でありMBAです。
 偉大な内田先生の弟子??として、最低限はあがかねば。

 そう強い意思のもと、仲間達と読書室で勉強していると・・・
 
 内田先生からのプレゼントです!

   

 笑います。
 そしてうれしいです。すごく。

 そもそも、一歩先に第1稿を提出し終わったNくんが先生の研究室に行った際、われらが読書室にいる話をしていたようなのですが。
 それを聞いて顔を出してくださった様子。
 ※会話の内容は、すべて笑いながらの厳しい激励でした(笑)

 これって、すごくないです?
 普通、話を聞いたとはいえ、教授がわざわざ下の階の読書室にのぞきに来て、声をかけたりってなかなかしないですよね?
 差し入れ持って・・・
 それも、世界のKAZが・・・

 こういう内田先生だからこそ、世界のコンサルであり、多くの経営者の方と今も親しく、そして学部生や私たちにも慕われているのでしょうね。

 尊敬する先生であり、尊敬する社会人でもあり。
 そして、帰り際にみんなで話していたんだけど、お父さん(※若いですよ、自分の親よりずっと。先生は)みたいでもあり。(ごめんなさい、身近に甘えられるってことです・・・先生)
 そんな温かい先生と、出会えて本当に幸せです。

 そんな温かい先生のもとに集った仲間と共に、今日もがんばります。

 ね、読書室にいる仲間達!(笑)
別窓 | 早稲田MBA | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

季節を感じるゆとり。

 とにかく時間がないです。
 修論もあるのですが・・・仕事もとにかくてんこもりでどうにもこうにも。
 明日は朝から大阪出張です(もちろん日帰りですが)。
 新幹線の出張だと、のぞみ700系にのれば電源もあるので、その間に仕事ができます。
 新幹線が勝負・・・

 こんなことを書いていると、最近いつもつらそうだね、というつっこみが入るのでやめとくことにして。

 先週の土曜日、家族でハンガリーの合唱団(といっても6人)のディナーショーに行き(母はすこぶる楽しんでいた)、その後東京ミッドタウンへ。
 お目当ては、もちろんクリスマスイルミネーション!!
 クリスマスを感じるような時間、今年のクリスマスはもてるかわからないと思ったから。
 (修論が書けてなくて外に出れなそうな・・・)
 光の海のようで、すいこまれそうでした?

  P1010396_convert_20091201000151.jpg

 とっても季節を感じたいなっておもったんです。
 
 だって、今年は紅葉を感じないで終わろうとしている。
 土曜日、大学のイチョウをみて、ちょっと泣けた。
 秋が去ろうとしている。大学生活も去ろうとしている。
 みんなと一緒にいる日々も、それが当たり前だと思っていた日々も終わろうとしている。
 なんだか切ない。

  P1010382_convert_20091201000310.jpg

 季節を感じる瞬間は、いろんな感情がふわって一気にこみあげる。
 イチョウを見たら、きっと土曜日のことを思い出す。
 ミッドタウンの光をみたら、なにを思い出すんだろう。 

 今年の春、早稲田のお寺で見た桜、今もたまに思い出す。
 来年、桜を見たら、もっともっと感情がこみあげるんだろうなって思う。

 ・・・修論がすすまないせいか、ちょっとセンチメンタル??

 最近、ブログのアップが少ないので、心配してくださる方が多いのですが、単に修論と仕事とで余裕がないだけで、元気にはしています!
 (しかし、この1週間で1.5キロも太った・・ストレスか??)
 心配してくださり、ありがとうございます。
 ぼちぼちやってますよ?
 
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。