アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

BOPビジネスについて考える。

 今夜はBOPビジネスを学びに研究会に参加。
 誘ってくれたのは組織の役員・・・なぜ私なのかは全く不明ですが、とりあえず行ってみる。

 この研究会は立教MBA(といっても21世紀社会デザイン研究科)でやっているもので、広くはCSRを研究しているようです。
 CSRは将来学びたい分野でもあるのですが、BOPは・・・まだあんまりしっくりきていません。。。

 BOPビジネスといっても、発展途上国ビジネスと何が違うのか?とか、貧困層といわれる40億のうち最下層の人と上層の人とを同じカテゴリーとしてみていいのか?とかいろいろとまだ明確じゃないところはあるようです。

 でも、CSR活動を本業で行う究極的なものとしてBOPビジネスはあるのかもしれません。
 
 P&Gの手洗い洗剤なんかもそうですし、味の素の販売地域によって小分け袋のサイズが違うとかも有名ですよね。
 これをマーケットにあわせた顧客ニーズ対応ともとらえられますし、BOP的な活動ともとらえられますよね。
 P&Gは、「ネクストマーケット」探しとして、BOPビジネスの強化を明言しているそうです。

 表層的なCSR活動(なにをもって表層的というかは難しいですが、株主対策に近いような企業もいるのでは・・)より、明確にネクストマーケットをねらった活動のほうが企業体としては健全な気がします。
 でも、これは日本にいるからであって、アメリカなど海外では、本気のCSR活動が浸透し、向こうの大学ではソーシャル関係の研究をしている人が非常に増えているとか・・・

 でも、実は気になったのは、
 ?大企業にはできても中小企業にはやるハードルが高そう。(お金とリスク)
  中小企業のマーケットとしてみようという話もでているらしいですが、その辺をしりたい
 ?グローバルのBOPもいいけど、ドメスティックなBOPは??

 その後、そのまま先生方とご一緒させていただいたのですが、先生のゼミ生は早稲田のMBAとはだいぶん毛色がちがい、これまたおもしろかったです。
 シンクタンクでCSRをやっている方、外資系企業の広報責任者、NGOの方、NPOの方、アナウンサー、自営の方もちらほら・・・・年齢幅も早稲田以上かも。
 先生はなんと法学部の教授!自分が法学部なだけに身近にもかんじました・・・

 今すぐに、は無理だけど、こういう分野はいつか深掘りしてみたいところです・・・ 
 もともと関心のある分野でしたが、もっとアンテナを高くしようと誓いました。 
スポンサーサイト
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。