アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

モンゴルスタディツアー?怒濤の訪問その?

 さあ、3日目。
 学部生も今日から合流です!!

 今日はお天気もよく、最初のアポイントはモンゴル国立大学。
   
   IMG_0391_convert_20090926010520.jpg

 モンゴル国立大学は、モンゴルでもっとも古く(67年の歴史がある)有名な大学。
 1万1000人の学生がいるそうです。
 モンゴルの人口が260万、平均寿命が60歳ということで・・
 計算すると約17人に1人がこの大学??(計算違いか?)
 けっこう門戸が広い・・

 さらに、もっとびっくりしたのが、モンゴルには大学が非常に多いということ。
 なんと185大学!!
 まさに大学全入ですね!!・・・だって大学生人口は17万人ですよ・・・

 他にも、国立でありながら収入の8割が授業料であることもびっくりでしたし、学生の8割が女性であることにもおどろきました。
 女性の方が高学歴なのだそうです。
 しかし就職は男性の方がいいのだとか・・・この辺は日本と同じ??
 留学もさかんだそうで・・・日本に留学する方も多いそうです。
 
 そうそう、モンゴルの人は複数言語を話せる人が多いです。
 大学にも○○語学科というのがすごく多いそうで。
 モンゴル語の他、ロシア語や英語はかなりの人が話せますし、加えて日本語、ドイツ語、フランス語など・・・・日本人がしゃべれる言語がすくないだけかもしれませんが、すごいです。
 一方で、エリートとしてお金を稼ぐには複数言語がはなせれば保証されている何という話もちらっとききました。

 モンゴル国立大学の経済学部長であるダバドルジ教授(この方も以前京都大学に留学されていたそう)とお話しさせて頂いたのですが、将来はぜひMBAを作りたいそうで、日本の大学と連携できたらいいねという話になりました。
 情報交換からでもいいから、これを縁に少しでもお役に立てるといいなあ・・・と思いました。

 余談ですが、大学の校舎内に小さめの胸像が・・・・
 だれだかわかりますか?みたことあるみたことある・・・・そう、コトラー!!
 なんでコトラー???

   P1010123_convert_20090926010548.jpg

 さて、大学もひととおり見せて頂いた後向かったのは、ハーン銀行。
 モンゴルでもっとも大きな銀行です。支店の数が419!!
 説明してくださったのは、アメリカのかっこいい女性ニールさん。
 モンゴルにきて10年、ずっとハーン銀行の中核で活躍されているそうです。

 この銀行は、アメリカ、モンゴル、日本と・・・まさに多国籍な銀行で。
 この日本の部分をもっているのが、HISの澤田会長。
 もともと、農業銀行だったのですが、経営が悪化し国営化されたそうです。その際、再建を担ったのがアメリカのDAI。ニールさんもそこの方だそうです。
 これがうまく復活し、国営化から民営化へ・・・と流れ、その際に落札したのが澤田さん。
 なんだか、想像つかないんですけど、この流れ。。。

 この銀行、日本の都市銀行とは全く違います。
 どちらかというとJAみたいなかんじ?
 再建に成功したのは、銀行としてすべきことをきちんとするようにした(給与の支払いに手数料をつけるなど)だけなんです。マイクロファイナンス的ですね!
 ・・・もっとも、このすべきことをするというのがむずかしくて、それをしたニールさん達はすごいです!!
 
 また、農業銀行の名残なのか、もともと土地を持っていない人もいないし担保価値があるものがないので、羊や馬など家畜を担保に取るそうですよ!
 お金をかりるのは地方の人、お金を預金するのはウランバートルの人、というので日本と逆な展開でなんとなく笑ってしまいますね。

 これまでは銀行として当たり前のことをして復活できましたが、日本の都市銀行のような存在に「成長」することって現実的なのかなあ、とかんがえてみました。そもそも個人むけだし、コンピューターなどもそれほど導入されていない、海外の金融機関との提携とかも現実性ないし・・・なかなか「成長」は現実的ではないですね。
 どちらかというと、街の電気屋さん的なポジションの方がずっとうまくやっていけるようなきがするし、内田先生も郵便局のような存在、という言い方をされておられました。
 うん、納得。

 お昼はハーン銀行の屋上にあるゲルの中で。

   P1010131_convert_20090926010615.jpg

 ほんとうにきれいなゲルでした・・・。お客様向けの食事スペースなので、リッチです・・・
 ここなら暮らせそう(でも、ゲルにはお手洗いがない、やっぱりきついか・・・)
 おみやげにハーン銀行のマグカップをいただきました。
 最近、日本の銀行はこういう販促グッズはなくしているので、なんだか本当にリッチだな?

 午後もまだまだ続きます(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

モンゴルスタディツアー?バガノール鉱山への道のり

 2日目は、前日が3時就寝だっため、ちょっと遅めの9時出発。
 地元の国営百貨店を経由し、目的地はウランバートルから車で3時間のバガノール鉱山。
 もと国営事業の石炭がとれる大鉱山です。

 前のブログで書いたとおり、モンゴルは11年ぶりの大雪だったということで景色はこんな感じ・・・

  IMG_0165_convert_20090926000643.jpg

 2日目は雪はやみ寒さだけでしたが雪の影響は残っておりました・・・
 ウランバートル市から市外への通行禁止です!(涙)

 それじゃあ、鉱山いけないぞ?というわけで、HISの車が市境へ先回りして様子をみてくれるもやはりだめで・・・
 ちょっと回り道をしつつだめもとで市境に向かう・・・

 そうしたら、ちょうど市境が開通、危険を避けるため5台ずつ通行という条件付きですが通れることに!!

  P1010061_convert_20090926000931.jpg

 昨日に引き続き神様は我らに味方してくれた!!ということで、時間は遅れつつも何とか通過。

 行く途中には大きなチンギスハーン像が!!
 大きいぞ!

  IMG_0307_convert_20090926000813.jpg

 ここはチンギスハーンが27歳で大王になった場所。
 それにちなんで投資家が作った施設らしく2000円くらいで展望台まであがれるらしい。
 そしてその頂上からはハーン誕生の地が見えるとか・・・・
 景色はすばらしいだろうけど・・・物価に比して高くありませんか??(平均月賃金2?3万)
 
 マイクロバスにゆられることトータル4時間半、ようやく鉱山に到着です!!(涙)

 本来なら最初に鉱山見学して昼食、市内に戻ってショッピングという予定でしたが、1時半についたのでまずは昼食、それからお話を伺い、最後に見学となりました(もちろんショッピングはなし)。

 この鉱山は、以前は国営、今も75%は国が保有しているそうです。
 面積はなんと3250ha。
 長さが12キロ・・・スケールが違いすぎます。
 もっとも今の技術では想定される埋蔵量の半分くらいしか確実にとれないとか。
 とれる石炭の質は中レベル。通常の火力発電に使うしかないそうです。
 一方同じくモンゴルのシベオ鉱山は最高級の石炭がとれ、コークスになるのだとか・・・

 そして・・・・現地見学。すごい規模、すごい風、すごい大型の装置やトラクター!
 日本の炭坑とはやはり違いますね・・・(あたりまえか) 
 トラクターは日本のコマツのもので円借款で購入しているそうです。
 
 でも、この規模を3人で交代で掘っていると聞きました(日曜日だから?従業員は1000名以上いるから聞き間違えですよね、さすがに・・)

  IMG_0514_convert_20090926000853.jpg

 日曜日ということもあり、特別にロシア製大型クレーンのなかも見学・・・
 上にたつとクレーンであることを忘れるほど快適な景色・・・

 ただ、このようなところを見学するに当たって、ヘルメットはかぶらないし、そもそも誰も人がついてこない。
 こんなのでいいのかしら・・・アバウトすぎる・・・危険じゃありませんか?(私見)

 とはいえ無事でしたので、通常ならばあり得ないほど隅々まで見せて頂いた鉱山見学でした。
 代償は・・・真っ黒な石炭の粉が風で全身に付着、洋服、顔が真っ黒に。
 顔全体が黒くなりましたが、毛穴の大きい小鼻に黒い粉が集中・・・
 歳を感じた瞬間。(あ、でも黒炭は脂を吸収してくれる?・・・おいおい)

 バガノール鉱山を出たのは5時を軽くすぎていて。
 ウランバートルに戻ったのは8時半くらいだったとおもいます。
 今日の夕食は、昨日できなかった懇親会のミニ版。
 連絡が何とか取れ急遽対応が可能な方々との懇親会を開催しました。

 東京でおあいしたモンゴル人のヒシゲさんとも再会!
 そのほか、今回ご一緒させていただいている一橋MBAの菅野先生の教え子さんや明日のコーディネートをしてくださる内田先生のBCG時代の元同僚の田崎さん(なんとモンゴル国立大学の教授!!)など盛りだくさんの懇親会となりました。
 ここでもいろいろモンゴルを考えることとなりましたが、明日の企業訪問とも印象がだぶるのまた別のブログで・・・

 夜はこうして更けていき・・・
 無事、2日目を終えました。昨日といい今日といい本当に長い1日。
 明日も、きっと(いや間違いなく)長い1日(笑)  
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。