アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

お客様のニーズってむずかしい・・・。

 今日は出張で名古屋へ。
 出張の目的はいくつかあったのですが、そのうちの一つが、「うちの組織のお客様の声」をうかがうこと。

 普段からうちの組織を活用してくださっているお客様から課題とかご希望とかをあらたまった場で伺ったわけですが・・・
 そもそもこれがむずかしい。
 多分、多くの場合、伺わなければ不満としては感じておられないくらい、いい意味で我が組織を応援くださっている方達。
 そういう方達に自然なやりとりの中で伺うのではなく、「ご意見、ご希望をお願いします」とあらたまって伺うので、お客様も何か言おうと一生懸命考えてくださって出てくる内容なので。

  それはさておき、その頂いたご希望の中で考えさせられたものが一つ。
 その企業さんはよくうちの組織の事業を使ってくださるので、その企業さんをよくしっている専門家(というか担当)をあえて決めて対応していました。
 その方が、毎回同じ企業概要などの説明もしなくていいし、企業さんのニーズもちゃんとつかんだ対応ができると考えていたからです。
 企業さんのお話によれば、その担当の方はとてもすばらしく全く不満がないとのこと(これはお世辞ではなく本当にそうだと思います)。
 ただ、毎回同じだと変化がないので、たまに違う方が担当してくれると新しい視点が見えたり新鮮だったりするし、会社としても新たな専門家の発掘にもなる、とのことで。

 そうだよなあ・・・
 何となく話を伺い、人間関係だったり夫婦関係、恋愛関係とにているなあと感じました。
 そもそも企業さんをサポートさせて頂くのは人間関係そのもの、なんですけど。でもなんだろう、人間関係の心理そのものだなあ、と(笑)

 普段からなれている相性がいい専門家がいいだろうと考え、こちらは対応している。
 相手ももちろんそれはわかっておられて、不満もなく満足しておられる。
 でも、「満足以上の何か」というか「日々新しいもの・出会い」っていうものを無限に求めている部分はどこかにあって。
 ・・・もちろん、「安心」「確実」も大事だから、そのバランス感なんだけど。
 
 これを満たすのはすごくむずかしいな・・・と思いました。
 どのタイミングで新しい専門家を入れるのか、とか、その専門家も相性がよくなくちゃいけないわけで。
 でも、うちの専門家はみんな一定以上のレベルがあり、かつ、その企業さんのニーズもわかっているはずなのだから(=そうでないといけない)、普段の専門家以外の視点で見ることのでき、かつ、その企業さんのニーズを満たせる人を提供することで、あきられない、もっと喜ばれる関係として続けられるになるのだなあ、と思いました。

 やっぱり、ちょっとお願いしてでもたまには改まってニーズを伺う場はあってもいいのかも、と思った今日でした。
 そして、浜松で毎日企業さんや関係機関の方たちとせっして、ざつざつ話をしながら、ニーズにこたえようとあがく活動をしていた日々が懐かしく思えました。。。。
 浜松と名古屋って、近いですし、ね(笑)
 
スポンサーサイト
別窓 | お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。