アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

内田ゼミ夏合宿(本編?)

 京都の朝!
 今年のゼミ合宿は、早朝ではなく普通に起きます・・・昨年の上海合宿は確か6時半集合という日もありました(笑・・・しかしこれは女子2名の活発さによるところかも)

 朝食を食べ、最初の目的地は、月桂冠。
 日本の清酒業界のトップメーカーの一つです。
 月桂冠のある伏見にはあの坂本龍馬で有名な「寺田屋」が。
 なんだか、明治維新の風を感じました・・・(歴史大好きなので)

 そして、月桂冠に到着。
 まずは1時間ほどお酒について学びます。
 お酒は米と水から作りますが、その米はごはんの米とは違う米です。五十万石とか山田錦とよばれるようなものですが、見た目がどう違うか、この時初めて知りました。お酒用の稲の方がずっと背が高かった!!
 なんだか、新しい発見。
 あとおもしろかったのは、月桂冠のお酒の偽物で「日桂冠」とかいうのもあったそうで(笑)

  P1000960_convert_20090831234225.jpg

 その後、内田先生のKBSの後輩の方に月桂冠の現状と将来についてディスカッションしました。
 お酒の業界は、人口減、お酒を飲む人が減っている中本当に大変です。だからこそ、キリンとサントリーの合併もあったわけで・・・当然月桂冠もいろいろがんばっているそうです。海外だったり、他分野への進出やアライアンスだったり・・・
 今後、注目して見ていこうと思います!

  P8300636_convert_20090831234035.jpg

 八坂神社の近くでランチをいただき、その後は「信三郎帆布」へ。
 これはもう京都のかばんといえば!というくらい有名なかばんやさん。
 元は「一澤帆布」といいとても人気だったのですが、お父さまの死去に伴い兄弟で争いが起こり、弟さんは「信三郎帆布」という名前で再出発、そっちが有名になりました(職人がみんな信三郎さんの方にいったらしいです)。
 現在、一連の訴訟などは終了し、「一澤帆布」という名称をお兄さんは使えなくなったようで、実質あるのは「信三郎帆布」だけだそうです。
 
 そしてそのお店では何人かがおみやげを買っていましたが、内田先生も奥様に・・・(笑)

  P1000968_convert_20090831234300.jpg

 最後の行程は、座禅体験。
 無になって、目をつぶらずにあぐらをかくのですが・・・目をつぶらないのはむずかしいし、眠くなるし・・・邪心の固まりです(笑)
 さらに、座禅体験と言うことで、お坊さんが希望者に木の棒で一人ずつたたいてくれるのですが、誰か拒否する人いないかな、とか考えたりして、やっぱり邪心だらけです(笑)
 でも、普段の日々から離れて、とてもいい時間でした。
 かえり、みんなが一生懸命スリッパを整えていました・・・・これが京都研修旅行の最大の成果!!だったと思います。
 この写真は、いつか内田先生のブログにのると思いますのでお楽しみに!

 これで、すべての行程は終了。
 解散後、先生と抹茶あんみつを食べ新幹線へ。
 みんなは東京まで行きますが、私は豊橋で途中下車、翌日からの活動に備えます。
 夜、妙にさびしかった・・・ぼーっと選挙速報見て、また按摩さんをよんで・・・(笑)

 今回の合宿。
 日本をよく知ることができた旅でした。
 ビジネスを考えるには、当然グローバルの視点は今や不可欠ですが、でも、日本でも新しいことはたくさんあります。
 そして、古きことを知ることの大切さ。
 自分たちの原点を知ることの大切さ。
 そして人と人とのつながりから生まれてくるもの。
 いろんなものを直接、リアルに感じました。
 まだまだ、日本には知らないことがたくさんありますね。

 最後に、こういう旅ができたのは、最高の先生と最高の仲間がいたから。
 最高の幹事さんやアポをとってくれたりした人がいたから。
 本当にありがとう、です。

 つぎは、モンゴル!!
スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。