アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

市場競争戦略「社会戦略」グループワーク

 今回の市場競争戦略は、「社会戦略」のグループワーク。
 MBAの競争戦略で、「社会」をとりあげるなんて、さすが嶋口先生・・・

 お題は「人間の大地」。犬養道子さんの本のうち1/3位を読み込みます。
 ボートピープルがが生まれる背景を因果関係図で示すことと、解決貢献策として一個人として何ができるのかを発表します。

 私たちは、自称「サイゼリアチーム」。サイゼリアでビールを飲みながら議論しました。
 この本の事例にあがっているボートピープルが生まれた背景は、人間の「食の必要性」という善意から始まっています。その食を得るために、「人工の種」を北の先進国は作り、それを南でつくる。その際に、化学肥料や灌漑など人工的なものを使わざるを得ない、その投資を回収するには大量生産、大耕地化が必要なため、その南の貧農は土地を提供し、労働力を提供しますが、機械化がすすみ、職を失う。それが飢餓につながっていく・・・という内容です。
 ひっそりと自給自足をしようにも、すでに科学的な肥料や殺虫剤、地下水が干上がる、森林伐採で土地は不毛地となるし、すると草が生えないので動物がいなくなり、堆肥もできない・・。
 まさに自然生態の破壊。
 おそろしい。
 そして、資源を得るのは豊かな人たち(北や南の富裕層)

 その一方で、私たちは南の彼らを助けようと支援をしてきました。
 私も、学生時代、自分の学校にボートピープルの方用の住まいをつくり、一緒に授業を受けたこともあります。
 まいとし、タオルなどを送ったりもしていました。
 でも、そのとき、自分たちが必要以上に食べ、紙を使い、・・・という自然破壊にある意味荷担している??という背景があることは全く気づいていませんでした。

 今、やっている発展途上国支援は、自分たちが生態系を壊したからこそすることか、あくまで単純な「支援」という弱者救済という発想なのか・・
 とても深いです。

 6つのグループに分かれて行ったのですが、全グループ解決貢献策が違いました。
 今上に書いた、どうしてボートピープルが生まれたのかの根源的な理由がまず微妙にみんな違いました(笑)同じ本を読んでいるのに・・
 そして、それを解決貢献するために、それを市場経済で、ビジネスで、寄付などの活動で・・・いろんなアプローチでの貢献策をかんがえていました。
 実は、ビジネスアプローチ(エコファンドだったり、発展途上国向けビジネス・・人口が多いのである意味大きなポテンシャル)と考えている方が意外と多い。
 さすがMBA。
 非常に参考になりました!!

 で、うちのチームは、ビジネス的な意見は全く出ませんでした。
 飲んでいたせいもあるかもしれませんが・・・
 無責任な支援はいやだよねーってずっと話していて。
 せっかく支援しても、彼らの生活をまた破壊したら意味がない。
 自然淘汰という言葉がいいかわかりませんが、私たちの支援は、押しつけではないか。
 彼らは、そこまでしてもらうことを望んでいるのか??
 最低限安心して生きていければ十分じゃないのか??
 そういう議論をしました。

 顧客ニーズってビジネスでは重要なものですが。
 この場合にも当てはまる気がして。
 そこを中長期的・勝つ継続的できるようにもっと考えるべきだという結論になりました。
 そして、インタラクティブな関係構築。
 お金をぼん、とあげるより、少額でも毎月。
 もしかしたら、お金はなくても、文通でもいいのかもしれない。
 そういうNPOもあるし、私も学生時代文通を4年ほどやっていました(無事成人!!)。
 ・・・だって、世界の仲間なんだから。

 今回のテーマは、私が仕事としている「中小企業支援」でいつも感じているジレンマとまさに同じで、非常に考えさせられました。
 私自身、企業さんのサポートで「長期的・継続的・双方向・同じ目線」を一番意識しています。
 改めて、そういう姿勢で活動していきたいと再確認できました。

 Fチームの皆様、嶋口先生もありがとう、というかんじです。

スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。