アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ゼミに先輩来る!

 先月、今月と内田ゼミには内田ゼミ1期生の先輩方が順番にきてくださり、いろいろお話をしてくださっています。

 先月はR社のOさん。
 とてもアグレッシブに仕事をされていて、ひたすら尊敬・・・。
 勉強や本で学んだことを実践にきちんと結びつけたり、付加価値をつける意識をきちんと持ち続けていることに感心しました。
 確かに、今も嶋口・内田研究会にほぼ毎月きておられます。
 MBAで学んだことをしっかり生かしておられますね!
 とても優秀な部下の方もこられていましたが、私よりずっと若いのにしっかりしておられて・・なんだかいい職場だなーと思いました。
 一方、私たちに対し修論についてもいろいろ語ってくださり、ありがたい・・(不安も増しました・・)
 いつも新しいことにどんどん挑戦されている姿、見習いたいと思います!!

 内田先生やMBAで学んだこととして、「覚悟と自信と習慣」とおっしゃっていたのが印象的でした。

 今月は今日だったのですが、M社のSさん。
 Sさんも私たちに向けて修論などメッセージをおくってくださりましたが、おもしろかったのがミニケースディスカッションをしたこと。
 ネット専業生保である「ライフネット生命」は現在どのような状況で今後どうなっていくのか、ということをみんなでディスカッションしました。

  P1000471_convert_20090614013238.jpg

 保険業界って未知の業界なのですが、ビジネスモデルの特殊性、厳しい規制、通常儲かるような仕組みになっているなどあらたな知識がたくさん・・・
 実は非常にびっくりしたのが、ネット専業生保はアメリカにもないということ。
 まさに、世界初のことをやろうとしているんですね!
 逆に言うと、それだけハードルが高いということですよね。

 損保などはネット化が進んでいますが、あくまで年度更新で未来に向かって・・・というしくみですが、生保は、かけすてでないものはいままでの積み上げがあるので、保険会社を変えるということはおおきなサンクコストだと多くの人は考えてしまうそうです。
 この辺は、消費者の本能的な思考なのでなかなか変えられないですよね・・・
 
 そのほかにも、ネット専業生保はライバルを漢字生保(ニッセイなど)だと考えていたのに、実際につぶしにきたのはカタカナ生保だった・・・・とか。
  そもそも、ネット生保が安い理由は営業部員さんがいないということですが、知名度が高くないと入ってもらえないので広告を打たねばならず、結局コストがかかるというジレンマがあるそうです。
 なるほど・・・
 個人的には、20代の新卒若手がターゲットでは、と発言しましたがどうなんでしょうか・・・
 大企業が参入するまでにライフネット生命がどう成長していくのか、楽しみにしたいと思います!

 先輩方、ありがとうございました!
 こういう風に話を伺うことで、引き出しがふえます・・・これってやっぱりとても幸せな環境。

スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。