アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

内田先生宅でM1&M2懇親会

 土曜日のゼミは、半分が1年生の発表、半分が2年生のTさんの発表でした。

 1年生の課題はブルーオーシャン戦略。
 各章ごとにそれぞれゼミ生が担当し、その章の要約、具体事例に当てはめる、疑問に思った点を抽出・・・というのが課題。
 私たちも1年生の時にやりました!

 発表したYさんの具体事例が「カルジェル」で、私も4年くらい愛用しているネイルなので個人的には非常に身近でよかったです。
 たしかに、昔マニキュアをしていなかった私がいつもネイルするようになりましたから・・・。
 当時のことを思うと、まさにブルーオーシャンだとおもいましたね。

 そのときにびっくりしたのは、男性陣はやはりカルジェルは知らないんだーということ。
 皆さんの質問をきいていると、マニキュア=ネイルじゃないんだなーっと思いました(笑)
 だからこそ、丁寧な説明の重要性を感じました。
 
 それにしてもディスカッションが4月時点で相当活発になされ、刺激をうけましたね?

 2年生の発表は、KBSの経営者候補生向けカリキュラムに参加したTさんの報告会。
 KBS=ケースの多用、というイメージでしたが、ケースは多用しつつも意外とアカデミックな部分も多く、ケースから深い示唆を得られるような工夫をしているんだということを知り、ちょっと学んでみたいきもしました。
 あと、一人が考えるより会議(複数)で考える方が生産性が高い・・・なんてことをケースディスカッションで実践されたりしたそうで。これまた妙に納得。
 仕事でも、会議をそういうものにしたい?(なってるか意識的に確認しよう)

 ゼミ修了後、4限の企業評価論に出て。
 そのあとは、内田ゼミM1・M2の懇親会へ・・・

 場所は、内田先生のお宅2。仕事場的な場所として使われているそうです。
 詳しくはかけませんが・・・夜景がすばらしいです。
 やっぱり先生ってすごいなあ・・・・

 お宅ということで、ケータリングとして「玉子屋」(そう、あのオフィスの仕出し屋です。ケースで学んだため挑戦)、サルバトーレのピザ、後はデパ地下でたくさんの食材を購入。お酒はシャンパンとワインが中心。
 まさにホームパーティーって感じでした!!20人もいますからもりあがりました?

 P1000263_convert_20090419094957.jpg

 1年生は26歳から40歳ちょっとくらいという幅だそうで。
 26歳・・・若い・・・・。
 少しだけ、私たちより若いのかなーって感じです。
 そのうえ、26歳の彼は、本格的に鍛えておられるそうで、さっそくその肉体美の披露がありました(笑)芸術ですね・・・
 これからさらに筋肉を育成していくとのこと。話をきいていると、筋肉育成も奥が深い・・・

 1年と2年との交流も深まりました。
 授業の話や仕事の話、家族の話・・・ほんとにいろいろ話題になりましたね。
 1年生の最初の頃を思い出し懐かしかったです。
 P1000272_convert_20090419095212.jpg

 P1000267_convert_20090419095138.jpg

 結局2時までおじゃましていました!
 本当にいろいろな話題が出ましたが、一言で言うと、このゼミでよかったなーっておもいます。
 M2のみんなは、本当に多様性に富みつつも思いやりがあり、とても居心地がいいです。
 内田先生も、M2は仲いいんだよなーっていっておられました。
 うちの代はゼミ長がいないにもかかわらず、上手に回っていくのは、多様性と思いやりのバランスなのかなと思います。
 ・・・もっとも、なぜうまくいくのか、という話のなかで、Iさんの縁の下の力持ちぶりが実際のゼミ長的な働きをしてくれているのかなーっていう話もしていました。
 本当にそう思います。私もよく頼っていますしね・・・いつもありがとう、Iさん。

 それと、内田先生の存在は大きいですね?、本当に。
 話しているだけで学びになりますし、人との交わりをとても大事にして、それを演出してくださります。
 ふだんは、つっこみ系の先生ですが、ときどきすごく優しい言葉をくださるんですよね。
 人間の心をもう悟っているのでしょうか・・・

 昨日も、みんなのコーヒーを作っていたら、そのコーヒーメーカーの抽出濃度がわからず、かなり濃いめになりかけたことが判明・・・・。
 そしたら先生につっこみ?からかわれ?たので、果敢に反論?あがいて話していました。
 結局、Yさんのサポートのおかげでおいしいコーヒーができたのです!!
 先生の味見にも合格し、先生から「おいしいし、つっこまれたときにああいう風に果敢に自分を主張したり伝えることって大事だしいいことだよな。仕事でも大事だよな」って言われました。
 なんだか、うれしかったです。すごく。

 お客様が相手なら、つっこまれたときに主張しすぎてはいけないことがけっこう多いと思います。
 一方、上司とか会議とか・・・主張すべきことはたくさんあると思うし、私はそうやってやってきていました。でも、最近は職場での主張は少し控えめにしていて(夜働けていない引け目かな・・)、自分の立ち位置も見えなくなることがときどきあったので。
 でも、そういう私に内田先生の一言は勇気をくれましたね。

 そういえば、夏くらいの嶋口研究会のときにも、「浜松の時にしていた時みたいにいけいけどんどんでいいんだよ。そこがいいところなんだから」と言われたことが・・・
 もちろん先生は、私の浜松での活動をそれほどご存じないのですが、そのときの動きは私の話す雰囲気で伝わっていたのでしょうね・・・
 うん、いけいけどんどんで?自分なりにがんばろーっと。

 M1のみなさんとも、これからもっとたくさん話して交流を深めよう!と思っています。
 うん、とても感謝の一日でした!
スポンサーサイト
別窓 | 早稲田MBA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。