アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠?

おいしい空気吸って、空を見上げて、街並みを眺めて…そんなゆとりから何かが生まれる気がしています。そして人との出会いも・・・全てがPrecious、です。早稲田MBAでその想いを再実感・・・そんな日々感じた出来事を書いてみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

東松島市でボランティア活動に参加して思うこと。

 東松島市に行ってきました。
 水戸まで車で行き、そこからボランティアバスツアーに参加しました。

 宮城や岩手は個人でボランティアにいくには車がないと不便で、バスの出ていた石巻もGWは受け入れ中断ということもあり、バスツアーを選択。

 震災当時の映像をたくさん見ているせいか、1月半たった被災現場はある程度片づいていました。
 水が退いているので、その面でも石巻などよりはましとのことでした。
 がれきはかなり片づけられていました。
 (千葉県旭市よりははるかに範囲は広かったですが・・)

 でも、地面に船が乗り上げられたままになっていたり、ブイがあったり。
 田んぼの中には水がどっぷりでもありました。
 
 今回のボランティアは、10人一組になって個人宅におじゃまし、ご用伺いをするというもの。
 海岸から4㎞くらいの所にあるお宅を回って、お声をおかけします。
 1軒目、2軒目は床下の泥をとってほしいとのリクエスト・・・これは市で対応することになっているのでお断りして(床をはがすこともできないので、このリクエストは断るように言われていました)、3軒目へ。

 そこで頼まれたのは、玄関横のジャリの隙間のどろかき。
 その隙間には3~4センチくらいのどろが。
 どろといっても、海水が混じりとてもにおいますし、粘着力があります。
 こんなどろに触れるのは初めてでした。
 これをはがさないと家はくさいまま。絶対にはがさねばなりません。
 これを10人でやって1時間半・・・・

 その後、同じお宅のお庭のどろかき。
 庭全体がどろに覆われていました。厚さ5センチはあります。

 海岸から4㎞も離れているのに、床上浸水1.2メートル。
 家の中も泥だらけだったそうです。
 おうちの奥さんがおっしゃるに、津波の巻き込みがちょうどここで行われたから被害がすごかったみたい、とのこと。
 この奥さんは石巻に働きにいっていて石巻で被災したそう。
 当然石巻で車もなくなった・・・命があるだけまだよかったと言っておられました。
 こっちの車もなくなり、1階にあったものは全部流されて何もなくなった、でも保険は半壊しかでないし・・・と嘆いておられました。
 今も避難所暮らしで、朝ご飯・・・おむすびかパン、をもらい、家に戻り掃除をして、昼は自分でなんとかして、夜は避難所に戻りお弁当(毎日中身はほとんどいっしょだとか)を食べるそうです。
 お風呂も数日に1回連れて行ってもらえるそうですが、毎日どろかきをしてすぐ身体がくさくなるだろうに・・・
 
 そうして庭掃除はじめて2時間。ようやく半分どろがとれたところで時間が来ました。
 土嚢袋にどれくらいだろう・・60~70くらい?
 どんなにがんばっても、これくらいが限度です。
 参加する誰もが笑顔で、大きな声で挨拶し、みんなで協力しあって作業。本当にさわやか。
 休むことなく、作業は続けられました。

 私・・恥ずかしながら虫は大の苦手。
 でも、ここではそんなこといってられない状況で、あたりまえのように逃げずに作業しました。
 (普段じゃあり得ない・・)

 学んだこと。
 
 被災地は確実に片づけられています。
 見た目だけで行けば、更地になり、家も掃除され、不要なものは捨てられて。
 でも、庭掃除・・・私たち10人が3時間半超かけて半分しかできないものを中年以上の夫婦2人で掃除をしたらどれだけかかるのでしょうか?
 その間にまた雨が降ったり乾燥したり・・・どんどんくさく、状況は悪化していく。
 片づけられていく一方で、個人でやらなくてはならなことは、実はおもったほど進んでいないのです。
 
 それを解決するのは、やっぱり人です。
 インターネットが進んでも、機械でいろいろなことができるようになっても、人でしか解決できないことがある。

 公的機関でも民間機関でも埋められない何かがある。 
 今回の場合は、それをボランティアやNPOの活動が埋めている。
 たくさんのボランティア希望者がいても、それでも受け入れ側の事情もあり思うように進まない現状もあるけど。
 でも、忘れちゃいけない。人でしか解決できないことがあることを。

 正直に言います。
 私はボランティアをしようと思って東松島に行ったのではありません。
 現場に行かなければ自分が何をしたいのか、何ができるのかわからないと思ったから。
 現地を感じようと思ったからです。

 でも。
 実際に行って一番感じたことは、人がいるからこそできることがあるということ。
 自分がしたいことは、人がいるからこそできることに繋がっていることが大切なんだということ。
 
 行政でも民間でもできない隙間。
 これはまさにボランティアやNPOなどが間違いなく担っている。
 このボランティア、細々でもたまにでも続けようと思った。
 
 そして、行政でも民間でもできない隙間・・・ボランティア以外のものもあるのか、自分でも動いてみようと思った。
 
 東松島のみなさん、一緒に活動してくれた仲間達、ありがとうございました。

スポンサーサイト
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

東北に行く理由。

 遅ればせながら東北・東松島に行ってきます。
 後半は福島に行く予定です。
 
 職場ではたくさんの人が現地でニーズ調査だったり支援活動の第一歩をはじめています。
 話をきけばきくほど現地にいこうと思い続けてきました。
 
 千葉県最大の被害地である旭市に先日いって泊まってきました。
 津波の傷跡の深さともう平地になった海岸沿い。
 たくさんのがれきや流されたものの山が何百メートルにもわたり積み上げられた浜辺。
 その中にいたコアラのぬいぐるみ。下を向いて寝ていました。

 それをみて、何を考え、何を動いていいのか、正直わからなかった。

 みんな、何かをしようと思っている。
 何ができることなのかと、みんな考えている。

 私にも、それはわからないまま。

 職場では、当然のことながら全力で震災復興支援。(私の部署はあまり関係ないのでどうからもうか思案)
 早稲田大学の内田ゼミでも、WSJPというプロジェクトで復興支援をしようということで活動をはじめつつある。

 でも、うまくいえないけど、その前に、環境を与えられる前にGWがある。
 現場に行ける時間がある。
 そう思った。
 
 これまで、ずっと社会に役立つ人間になりたいと恥ずかしげもなく言い続けてきた。
 でも、今みたいな時になってみると、どううごいていいかやっぱりわからなかった。
 
 現場にいかなければ、なにもみえてこない。
 わかったことはそれだけ。

 なので、ボランティアバスツアーに参加して、現場に行ってきます。
 ボランティアをしたいというのもありますが、むしろ現場を知るにあたり一番迷惑にならないと思ったから

 最近はいろいろなことがあるんだけど、ブログに落とし込むパワーも思いに欠けていたのですが、でも今日は行く前に書こうと思いました。
 
 なにもできないけど、何ができるのか考えるためにもスコップ持って行ってきます。 
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

だめだめサイクル。

 こんなのでいいのかな、と思うことが多いこのごろ。
 だめだめサイクルがまたやってきました・・・

 だめだめサイクルは、だいたい2ヶ月に一度やってくる。
 これが来ると、もう太刀打ちできない。
 そのサイクルが去るのをひたすらうじうじ待つだけ。
あがいても無駄なのでひたすら膝抱えて耐える感じかな。

 このサイクルの始まりは決まっている。
 例えば会社の後輩に冷たくされたとき。
 例えば仲間に流されたとき。
 ・・・相手の言動は、別に私に向けられたものではないのですが、それでも妙に気になるときがある。
 そのたまたま気になってしまったときがだめになるサイクルの始まり。

 調子がよいときは、そういうことに気になりもしない。
 調子が悪くなったり疲れているときは、疲れたアンテナが立ってよけいなものを感じてしまうんだろうね。

 今回はだめだめサイクルが来たら、体調を崩しました。
 相当今回はきつかった・・・
 約束をキャンセルしたら仕事を休んだりご迷惑をおかけしました。
 
 体調がようやく回復し始めたので、ぜひだめだめサイクルからも復活したい!

 うれしかったこと。
体調が悪いとき、ずっとてんが近くにいてくれました。
 その温かさで、回復に向かうことができました。
飼い主なんだから、こっちがもっと幸せにしないとな?幸せにしてもらってばっかりだ。



明日は朝からバリバリがんばります!
 
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

気晴らし。

 前のブログに書いたように落ち込んでいます。
 ・・・私が落ち込むのって、こういうパターンが多いんですよね・・・

 で、今回の落ち込み復活のためにしたことは・・・

 ・声を出して泣いた。→目が腫れた
 ・ひたすらひたすら食べる
 ・買い物しまくる(思いっきり衝動買いをしてしまった・・・)
 ・ゴルフの打ちっ放し
 ・ヨガする
 ・猫カフェにいく

 これで、かなり復活しました!

 特に、猫カフェで、子猫を膝に抱きながらぼーっとしていたら、心がほんわかしてきました。
 これでまた少しがんばれそうです。  

 猫、やっぱり買いたいなあ・・・
 また真剣に考えてみよう。
 
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大学生への講義で考える。

 先日、東洋大学で90分講義を持たせていただきました。
 私の上司が、通年で夜間部のコマを1つもっているので、そのゲスト講師の位置づけです。

 この上司の講義は、中小企業経営論というらしいのですが、なんと300名位の登録があるそう!
 毎回200名以上はちゃんと授業を受けに来るそうです。
 自分の大学時代を思い起こすと・・・ほとんど大教室の授業は出ていなかったので、皆さんまじめなんですね。

 上司が私に頼んだ理由は、ちょっと古くなりますが、浜松時代の現場での活動を話してほしいから、だそう。
 夜間の大学生は、昼間は正社員という人がたくさんいますし、多くの人がアルバイトをしています。
 だから、現場での活動を伝えることで、中小企業ってどういう存在で、何が必要なのか・・そういうことがわかるのではないか、と通常の講義をしながら上司は感じているそうです。

 浜松時代、いろいろな場でお話をさせていただきました。
 対象も、企業や支援機関がおおかったけど、大学生に話したことも結構ありました。
 学生を対象とするのは、とてもむずかしいのです。
 1つは、やはりビジネスというものをリアルに理解できないこと。
 もう1つは、そもそも私が話す活動や事業に対する関心がない場合が多いこと。
 企業さんや支援機関の方達は、私たちの事業の存在位は何となく知っていますし、「中小企業のサポート」には何らかの形で関心を持っている方がほとんどですから。
 
 大学生に話をしても、反応がなかったり眠られたり・・・大失敗したこともあります・・・

 昨年度、同じように東洋大学でお話をさせていただき、うれしい感想文をたくさん頂いたのですが、今年はもっといいものにしようと、プレゼン資料も少し変えて、話してみました。

 当日は連休の初日、しかも大雨にもかかわらず250人位の学生が受講。
 結構熱心に聞いてくれました。
 感想文も裏までぎっしり書いてくれる人もいて・・・
 受講者の中には、起業を志している人も結構いるようで、起業の悩みなども感想文の中に書いてくれている人もいました。
 また、「情熱をもってサポート活動することの重要性をかんじた。何をするにも情熱が原点なんだと思った」・・・と書いてくれている学生がたくさんいて、なにか伝わってくれているのだな、と感じました。

 知識を伝えるより、思いが伝わるほうがずっとうれしいし、大切。
 昨年度に引き続き、今年も思いが伝わることの幸せを感じた90分でした。
 
 人に向かって話をし、その反応をいただくたび、いろいろ考えます。
 仕事で話をするときも、MBAの入試説明会でも、大学で話すときも。
 反応をいただくということは、私が話したことで何か感じているということ。
 ・・・そうだとすれば、私が話すことにより、なにか人にいい影響を与えられたらうれしい。
 それも、伝える、じゃなくて、伝わってくれたら・・・

 結局、いつもの自問自答になってしまうのですが。
 自分なりの世の中への「役に立ちかた」、もう少し模索する必要がありそうです。
 
別窓 | 日々の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アグレッシブな冬眠生活?早稲田MBAを終えてますます冬眠? | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。